赤の書

ユングの赤の書はとても興味深い一冊で、ユング後年の書は赤の書においてファンタジー形式で記述されている内容の学術的翻訳とすら言える。
しかしこの本は他のユングの著書を読んでそこで用いられている言葉や概念の意味、世界観を理解した上で読まないとただの風変わりな文学、で終わってしまう、かなり厄介かつ難解な本だろう。

著述順にいうと黒の書 → 赤の書 → その他いつもの学術論文、となるが、この赤の書を読者が真の意味で理解するためには著述順と逆のルートを辿らねばならない、と。
例えば作中登場する黒い蛇はタイプ論で言うところのユングの劣等機能の擬人化で、その他エリヤやサロメなどもユングのタイプ上の機能の擬人化(=影やアニマなどの元型)、と認識出来るとこの辺り一文に合理的な意味や構造があるのが分かってくる。

登場人物の配置に元型やタイプを当てがった作品は種々様々あるだろうが、本家からして初出がこの構造を持っててしかもそれを著者自身が分析して行くという。(怪奇なプロセスだな)

ユングの有名なエピソードとしては、ユングの患者が語る太陽の下からチューブのようなものが生えてそれが左右に振れると風が起きる、という一見他に類を見ないファンタジーと同様のものを古代の神話の中に見出し、かなり大きな時間を隔てても同じようなエピソードを人間に語らせるある種の仕組み(=元型)があるという確信に至った、というものがあるが、ユング自身が自分の得た黒の書に綴られたファンタジーやヴィジョンに神話的な由来や類似を探し、構造化するというプロセスが彼の中にはあったのだろう。

ユングの書としてはかなり特殊なので、まずはタイプ論や元型論などを読んでからの方がいいのかもしれない。どちらかというとこの本は内容的にはファン限定、に近いだろう。

自分自身を望む、ということ


自分自身を望みなさい。それが道へと向かわせる。

心的な困窮や方向喪失から脱する為に外界を一通り探索すると、リビドーが内向化し自分自身を探索の対象にし —つまりは内省の様なプロセスが促され— 結果新たな自己発見、その後また新たな外的目標が生じ外界探索に向かう、と言うようなプロセスがある様だ

赤の書に出てきたこの言葉とその周辺のテキスト内容は、この人間の精神的発達を促すループへ至るキーワードなのかもしれない

 

C・G・ユング「赤の書」より一部抜粋・要約・補項