赤の書

ユングの赤の書はとても興味深い一冊で、ユング後年の書は赤の書においてファンタジー形式で記述されている内容の学術的翻訳とすら言える。
しかしこの本は他のユングの著書を読んでそこで用いられている言葉や概念の意味、世界観を理解した上で読まないとただの風変わりな文学、で終わってしまう、かなり厄介かつ難解な本だろう。

著述順にいうと黒の書 → 赤の書 → その他いつもの学術論文、となるが、この赤の書を読者が真の意味で理解するためには著述順と逆のルートを辿らねばならない、と。
例えば作中登場する黒い蛇はタイプ論で言うところのユングの劣等機能の擬人化で、その他エリヤやサロメなどもユングのタイプ上の機能の擬人化(=影やアニマなどの元型)、と認識出来るとこの辺り一文に合理的な意味や構造があるのが分かってくる。

登場人物の配置に元型やタイプを当てがった作品は種々様々あるだろうが、本家からして初出がこの構造を持っててしかもそれを著者自身が分析して行くという。(怪奇なプロセスだな)

ユングの有名なエピソードとしては、ユングの患者が語る太陽の下からチューブのようなものが生えてそれが左右に振れると風が起きる、という一見他に類を見ないファンタジーと同様のものを古代の神話の中に見出し、かなり大きな時間を隔てても同じようなエピソードを人間に語らせるある種の仕組み(=元型)があるという確信に至った、というものがあるが、ユング自身が自分の得た黒の書に綴られたファンタジーやヴィジョンに神話的な由来や類似を探し、構造化するというプロセスが彼の中にはあったのだろう。

ユングの書としてはかなり特殊なので、まずはタイプ論や元型論などを読んでからの方がいいのかもしれない。どちらかというとこの本は内容的にはファン限定、に近いだろう。

自分自身を望む、ということ


自分自身を望みなさい。それが道へと向かわせる。

心的な困窮や方向喪失から脱する為に外界を一通り探索すると、リビドーが内向化し自分自身を探索の対象にし —つまりは内省の様なプロセスが促され— 結果新たな自己発見、その後また新たな外的目標が生じ外界探索に向かう、と言うようなプロセスがある様だ

赤の書に出てきたこの言葉とその周辺のテキスト内容は、この人間の精神的発達を促すループへ至るキーワードなのかもしれない

 

C・G・ユング「赤の書」より一部抜粋・要約・補項

今使っている文具 vol.020

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


いつもの主軸。使い易い。
筒の中でカタカタ外れないように底に詰め物をしてみた。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Venvstas カーボンT万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:プラチナ・ブルーブラック


プラチナの古典インクのブルーブラックを使ってみた。
ボールペンの青みたいな色だがそれが返って新鮮かな。


Venvstas カーボンT万年筆・レビュー

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・F14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


いつものデスクペン。良い。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

紳士なノート・ハードカバー 正方形:


いつものノート。半分ちょっとまで使った。


 

 

総評:
いつも通りといったところか。

 

エピローグと言う小説を読んで見た。これは相当に歯ごたえのあるハードSFであり、作り話によって完結する事を拒んでる作り話であり、読者に登場人物の生死や事件の解決(?)を委ねる残酷な殺人ミステリetc…みたいなお話なんだろか?

もしかしたら作者の想定するあらゆる読者の選択肢が登場人物と照合しているのかもな、読者の理解と能動性に合わせて。
この解釈が正解かどうかは知らないが、多分明瞭かつ簡潔な解の有るお話(?)何だと思う。

私が若い頃に読んでたらプログラマかなんかを目指すきっかけになってたかもな。
凄い本もあるものだ。(アニメ化とかしたら面白いかもな)

今使っている文具 vol.018

好奇心の範囲はその個人のドメインの大きさを表してるのかもな。

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


今月のメインウェポン。極細鉄ニブに万能的汎用性を持った極黒を組み合わせたスタンダードな軸。

どんなノートでも使える。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


いつものデスクペン。インクをレッドドラゴンにしたが赤と黒で良く似合ってるな。

やはり金ニブは良い。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

紳士なノート・ハードカバー 正方形:


正方形の小さいのを使ってみたが紙の触り心地がもの凄く滑らかだな、少し感動した。

しかし裏抜け耐性はあまり無いのでフローが良いと染料インクや古典インクは裏抜けしてしまう。
品質がそこそこ、と言うよりは目指すものが違うのかもしれないな。

多分モレスキンみたいな多機能ポータブルノートと違って高級ノートのハードカバー版、というコンセプトなんだろう。だから目的も用途も異なるのかもな。


 

 

総評:
古典インクのKWZインク・IG Green#1とLevengerのカージナルレッドと言うインクを使ってみた。

前者は発色のしっかりした良い古典インクだったな。色も青寄りの緑で綺麗だった。

後者は耐水性の無い染料インクながら顔料みたいな変わった質感の液体のインクだったな。
発色はフローが良いと少し紫の入った品の有る赤、フローが少ないとショッキングピンクみたいな色になる。

 

メモにモレスキン・リポーターサイズとカランダッシュ849にフィッシャー・スペースペンのボールペンリフィルの組み合わせを使ってるが寝っ転がっても書けるから便利だな。

 

量子怪盗の作者の短編集、「テュケーと蟻」というのを読んだ。
量子怪盗と地続きのテクノロジーと思われる世界観を背景に、子供が自分で自身を救うお話、子が親を救うお話、親が子を救うお話が展開されてた。
量子怪盗世界で言うところの崩壊以前、直前に近い頃の出来事なんだろうか?なかなか興味深くはあった。

転神疫って言うのはフョードロフ主義者みたいなのが起こした革命を目的としたテロなのかもな。

次は化物語を読む予定。

人の受難と神の苦難の鏡像関係

 

この世の不義と人の蒙昧に苦しむ神の苦難と、ありきたりな人間が政治的世界に組み込まれ自由を奪われる人間の受難。

神の苦難は「受肉」、普遍的存在が有限の個人になる事によって起こる。
人の受難は個性化による全体化の過程で無意識を意識に組み入れる事によって、普遍性の獲得によって、人間集団の中で注目に値する人物になる事によって起こる。

人の受難と神の苦難は鏡像を成す。

 

C・G・ユング著書より一部抜粋・要約・補項

 

要は普遍性を持った存在がリソースの限られた世界で遭遇する典型的な問題とでも言えるか?
物質世界には限界があり、しかしその限界が有るからこそ最適解も生まれるという…

今使っている文具 vol.010

監視せよ、しかし統治するな
戦争を止めよ、しかし戦争をするな
保護せよ、しかし管理するな
そして何より「生き残れ!!」

コードウェイナー・スミス「ノーストリリア」より
お気に入りの言葉。

 

今使ってる文具達

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・F14kニブ
・インク: <ノクタジュール


メインウェポン。なんかしばらく前から首軸のコーティングが一部剥げてきた…


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・F14kニブ
・インク: <エターナライザー


軸を精査して減らしたら太ニブが無くてF14kにした。悪く無い。

機能を増やすには技術が要る。機能を減らすには哲学が要る

みたいな。

Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

Caran d’Ache バリアス万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


シャープな線の<レッドドラゴン>が美しいお気に入りの軸。


Caran d’Ache バリアス万年筆:エボニー・レビュー

 

 

 

Lamy CP1万年筆:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: <フランブール


色々組み合わせを試したけど、このパイロット・デスクペンの鉄ニブEFと染料インク<フランブール>で完成した感がある。

鉄ニブEFのかすれ問題は染料インクのフローの良さでカバーした。
書き心地は針の先みたいな極細鉄ニブなのでこんなもんかな?


Lamy CP1万年筆・レビュー

 

 

Caran d’ache エクリドールXS万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:<ブルーブラック


サブウェポン。
デフォルトのペン芯だとフローが悪すぎて長文書いてると途中で擦れて来たけど、モンテヴェルデ・ツールペン万年筆のスリットが2本入ったペン芯にしたら改善された。

良い。


Caran d’Ache エクリドールXS万年筆・レビュー

 

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:カランダッシュ・EF18kニブ
・インク:エルバン・グリヌアージュ


ハイライターのグリヌアージュ。
何気にカランダッシュ・バリアスの大き目なニブも移植出来る。


Kaweco リリプット万年筆・レビュー

 

 

Kaweco リリプット万年筆・ブラック:
・ニブ:ヴァルドマン・F14k
・インク:エルバン・カーマイン


真紅のカーマインのハイライター。
スケルトンのカヴェコ・スポーツ万年筆も試してみたけどやはりコンパクトなリリプットに戻った。


Kaweco リリプット万年筆 ブラック・レビュー

 

 

トラベラーズノート:


いつものノート。


トラベラーズノート・レビュー

 

 

A.G.Spalding & Bros. マルチケース:


コルドバ(革みたいな丈夫な紙)製の封筒をペンシースにしたもの。

これがペンシースの結論かなぁ。

 

 

HIGHTIDE ダイアリー用ブックスリーブ


ダイアリー用ブックスリーブ。筆記具とノート一式が纏められて便利。

モレスキンのノートカードというのが投げ売りされてたのでオプションで入れてある。
万年筆のインクの出が悪い時の調整用とかに使おうかなぁ?とかとか…(使い捨てのメモとか挟んで置いて)

 

 

ミドリ ブラス万年筆


ミドリの万年筆。同じブラスプロダクトながらボールペンや鉛筆の方は素材がかなり薄いが、こちらは厚め重めで重量感がある。
天冠部分は形状は同じでもパーツに互換性は無く、クリップは脱着可能。しかし外した部分は隙間が開く。(オリーブグリーンのボールペンの大き目のリングパーツが付いた天冠を移植しようとしたらダメだった…)

 

キャップは嵌合式で奧のインナーキャップによって固定され、尾栓ポスト時はキャップ内側の板バネ状パーツによって固定される。
が、ポスト時はしっかり固定されず使ってると何気に外れてくるという…
あとポストした場合重心がトップヘビーになるので若干使い難いかな。

ニブユニットは一般的なシュミット系で、ペン芯は無印のアルミ万年筆と同じ肉抜き穴があるタイプ。
パーツ取りにも良いだろう。

 

素材のブラスはエイジングによってかなり質感が良くなるが、全体としては若干中途半端というか、キャップの固定がネジ式だったらなぁ…とかとか…色々勿体無い軸。

しかしトップのリングパーツはとても使いやすかったな。
ショート軸なので取回しも良く、しばらくペンシースのゴムバンドのチャームに使ってた。

 

 

 CROSS センチュリー万年筆


はじめは軸が細い上にツルツル滑って(これは……使い難いなぁ……)と思ったが、しばらく使ってみると何気に使い方が分かって来た変わった軸、クロスのセンチュリー万年筆
軸径はLAMYのCP1よりも細く、どちらかというと特殊軸に入るだろうか?

 

細さはボールペン位でかなり細く胴軸の長さもほぼポスト前提。しかしキャップは軽いのでそれ程気にはならないかな。
ネジ切り部分の造形が何気にエレガントだが気密性は低そう。
軸に走るストライプがキャップと胴軸で揃わないので工作精度は甘めだろうか?

ニブは先端が下方に反れたタイプでペン芯は細目。
ペン芯を削ってパイロットの鉄ニブEFを移植してみたが…ペン芯のスリットはかなり太め深めなのでインクフローは良い方か?

 

クローム軸は表面がツルツルしててかなり滑りやすく、しかも細軸なのでかなり持ち難い。
キャップをポストして少し首軸から距離を持って握ると云う感じで、この軸特有の持ち方がある様だ。しかしどの道かなり滑りやすいのは確かだが…

本格的に使用するならマットブラックの軸の方が良いだろうな、多分。
使っててセーラーの激細万年筆のシャレーナを思い出した… (こっちはなんか面白いペンを万年筆に改造する時にパーツとして使おうかなぁ?と思ってるけど)

 

 

 KAWECO スポーツ万年筆・スケルトン


昔インクローラーユニットを手に入れるために入手したけど、その際首軸を破壊したのでしばらくお蔵入りしてたカヴェコ スポーツ・インクローラー別売りの首軸パーツで復活させたもの。

クリップは安い方のソリッドなデザインで、軸側のアクセントカラーの金と合わせてみた。

スケルトンだからインクが見える専用のショートコンバーターを使うと綺麗なインクが映える。
何気にエレガント。(工作精度が甘いのでなんかピストンが真っ直ぐに伸ばせないけど…)

カヴェコ・スポーツ用のレザーケースだとリリプットと一緒にどっちもクリップ付きで丁度2本とも入る。

 

 

総評:
昔使ってた黒表紙のトラベラーズノートがMDノート・ライトの新書サイズで復活したので今回のリフィルが無くなったらそっち使ってみようかな…

初期のトラベラーズノートは革表紙のサイズがリフィルギリギリなので一回り小さい新書サイズで意外といいサイズ感だな…まだ使ってないけど。

今使っている文具 vol.004

“水晶の栓” 又は、だから如何なる場合にも勇気を失うべからず

最近SF小説「量子怪盗」の主人公である盗賊オススメの愛読書、アルセーヌ・ルパン シリーズの「水晶の栓」を読んでみた。
怪盗ルパンシリーズを読んだのは多分小学校時代以来だけど、さっくり読めてなかなかに楽しめた。

しかし陽気な性格の影にある、常人を遥かに超えるスキルと意志力、知性を持ったアルセーヌ・ルパンという人物の怪物ぶりはなかなか恐ろしくはあった。
まあ、作り話に登場する架空の人物ではあるのだが…

 

でも結局「量子怪盗」の続編「複成王子」に登場する

俺が生まれたのはあの時だ。“ル・ブション・ド・クリスタル” ——つまり“水晶の栓”から生まれた存在。砂漠と古い神から生まれた少年。

という一文の意味は解らなかったな。

普通に考えると、「複成王子」に登場する「砂漠」とは<崩壊>を機に無人となった地球都市の廃墟であり、「古い神」とはテクノロジーによって実存を得た神概念である<天祐>の一人<花のプリンス>の事だろうから、<花のプリンス>と融合した時の出来事を指しているのかとも思ったが、盗賊は<崩壊>前には既に生まれており、しかも「少年」とあるので、実際の砂漠で生まれた盗賊の少年時代における思想的ルーツを語った文章、とも読み取れる。
この文章自体は自分と<天祐>達は別物であるとの認識からの文脈なので、どうも後者っぽいが…果たして。

 

少し前までは量子怪盗のレビュー記事に年表をアップロードする為(言い回しがソボールノスチっぽい)、量子怪盗と複成王子を一生懸命読み込んでいた。
このシリーズは百凡に埋もれるには惜しい素敵なSF小説なので、暇な人は暇つぶしにでも是非どうぞ。オススメします。
どちらにせよ、<ル・フランブール>三部作の完結編となるらしい「因果天使」は非常に楽しみ。

量子怪盗のレビューはこちら

 

今使ってる文具達。

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:ファーバーカステル EF18kニブ
・インク:<エターナライザー>
今のメイン万年筆。
この軸は実際に製造工程における手作業比率がどうかは置いておくとしても、工業製品的プロダクトとしては極まった感じの造りだなぁ、と伝統的手工芸品といった趣のヤード・オ・レッドの万年筆と比較して思った。
線幅はやはり太軸には太い線が、細軸には細い線が、それぞれ似合うと思う。

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニーのレビューはこちら

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット EF14kニブ
・インク:<BBB>
使い始めてみて、ファーバーカステルの高精度な造りに対して手作業感丸出しのアナログなこの軸になんか愛着を感じ始めてきた。
ニブはデフォルトのF18kニブの太線に我慢せずパイロットの極細EF14kニブにさっさと換装して本当に良かったと思う。これほど使っていて気持ちいい軸も久しぶりだ。
天冠がパーフェクタみたいな五寸釘状のものだったらもっと良かったのになぁと思う。

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアンのレビューはこちら

 

Caran d’ache エクリドール万年筆 XS:
・ニブ:ヤード・オ・レッド F18kニブ
・インク:エルバン <カーマイン>
赤線ハイライター。華麗で細身で短めの小回りが効くカワイイ奴。
ニブは余ったヤード・オ・レッドのF18kニブに代えた。こいつは太目の線が引ければニブは何でも良いんだけど。

Caran d’ache エクリドール万年筆 XSのレビューはこちら

 

3本挿しペンシース:
いつものペンシース。

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット EF14kニブ
・インク:<ノクタジュール>
ショート万年筆用ストラップに入れて鞄のポケットから出していつでも使えるようにしているフォーマル用途用の超実用ショート万年筆。
顔料インクを用いたこの軽量細軸ショート万年筆は実用万年筆としては一つの極みだろう。
ネジ式キャップだからほっといても直ぐにはドライアップしないし。

Kaweco リリプット万年筆のレビューはこちら

 

リリプット専用レザーケース:
いつもの筆箱に付けたいつものショート万年筆用ストラップ

 

トラベラーズノート:
いつものノート。

トラベラーズノート・レビューはこちら

 

その他文具:
いつもの筆箱。
ボールペン、定規、ハサミはたまに使うのであると便利。

 

総評:
バイスロイが面白くて、久しぶりに楽しい筆記体験ができて嬉しい。ただし染料系インクなので紙は選ぶが。
エボニーは顔料インクだから大丈夫だけど色が青すぎるのでフォーマル用途には向いてないかな。どのみちリリプットがフォーマル向けには完璧なのでいいけど。
どれも現状完璧な軸ばかりなのでかなり極まった感じの部隊編成になってきた。

荒野のおおかみ

ヘルマン・ヘッセの作品の中で私のいちばんのお気に入り。
内容はユング派心理学的世界観の中で中年男性の精神が再生して行くというお話。
ヘッセ版ファウストと言った所か。

「畜生め!カミソリだ!!」

は名台詞だと思う。
ファウストで言うところの「茶色の薬」に相当するものか。

 

ヘッセは第一次世界大戦の影響でユング派心理学者の精神治療を受けていたらしく、作中の人物配置はおそらくアニマやシャドウと言ったユングの元型論をモチーフにしているのだろう。

実際にユング自身とも面識はあったそうだが、美的表現を追求する詩人と客観的事実を探求する学者との間には埋められない溝があったようだ。

ちなみに主人公ハリー・ハラーの名はインド神話におけるヴィシュヌ神とシヴァ神の結合体であるハリハラをモチーフにしていると思われる。

 

他のヘッセの作品では
ガラス玉演戯
シッダールタ
デミアン
が好き。

ガラス玉演戯で、あれだけ長々とクネヒトの人生を描写して来たのは只々あの衝撃的なラストの為かと思うと、色々考える。


荒野のおおかみ

転落

そして私は、許すこと無く哀れんでやり、容赦すること無く理解する。

アルベール・カミュの作品の中で私の一番好きなもの。

これまでのヒロイックながらどこか退廃的で虚無感を感じさせる作風から、サルトルとの論争を通じての自嘲的な作風への変化は次なる飛躍を期待させた。
もう少し長生きしてくれたらなぁ、と思った。

他のカミュの作品では
カミュの手帖.1カミュの手帖.2
カリギュラ
異邦人
ペスト
がお気に入り。

異邦人は短編ながら情報の密度が非常に高く、文学に興味を持ち色々読み始めた頃の私にとっては衝撃的な一冊だった。


転落・追放と王国

ファーバーカステル クラシックコレクション万年筆 エボニー・レビュー

ありとあらゆる伝説に巣食う最も恐ろしい存在が  ——今微笑みながら陽光の下に姿を現し、両腕に信頼しきった人間の子供を載せ、黒檀さながらの威厳を持って立っていた。

アーサー・C・クラーク「幼年期の終わり」より一部抜粋・要約

 

SF小説「幼年期の終わり」におけるオーバーロード・カレルレン登場シーンの影響もあって、木軸を買うならこれだなぁ、と決めていたファーバーカステル クラシックコレクション万年筆・エボニー

ニブはデフォルトのEF18kバイカラーニブを使っている。線幅はパイロットのFニブくらいなので、無改造で即実戦に投入出来る。
インクは<エターナライザー>を使用。

 

アウトライン:
金属のキャップに木軸という、同社のパーフェクトペンシルを太くしたような造形で、シルエットは古代ギリシャ神殿の柱を思わせる円柱形。(エンタシスはかかっていないが)。

軸の素材は木製だから意外と軽く使いやすい。
木軸は温かみがあり手になじみやすく、全金属部分の色味もプラチナコートにより若干黄色味がかった銀で温かみを感じさせる。

ファーバーカステル クラシックコレクション万年筆 エボニー

 

ディテール:
キャップはネジ式で気密性に優れてる。
ネジの噛み合わせの接点が複数あり、ネジ式ながらかなり簡単にキャップの脱着ができる。いわゆる4条ネジ。

ネジを締める際はクリック感があり、しっかり閉まったかが判りやすく、高級感がある。これは嵌合式のようにインナーキャップによって実現している模様。
つまりキャップの開け閉め一つに複合的なギミックを仕込んでまでしてとてもこだわっている、と云う事となる。

しかしキャップ開閉の際インナーキャップによって一緒に首軸も回転して緩んでしまうのが欠点か?(細めのOリングを仕込むと解決した)

キャップ内側には樹脂製のパーツが使用されており、少し劣化が心配。キャップ開閉の際はスムーズでいいんだけど。
キャップは尾栓にポスト出来るんだけど、多分着け続けると尾栓に跡がつくかもしれない。

 

クリップは金属ムクでバネ式。クリップ裏には滑り止め用の筋彫りが彫ってあって、ずり落ち難い処理がされている。

 

付属のコンバーターはペリカン・コンバーターと同型のもので、メーカー名を変えただけの模様。

 

総評:
古代、人は意味の永続を願って石に文字を刻んだという。
私もこの黒檀さながらの威厳を持つペンと、インク<エターナライザー(永遠たらしむるもの)>を用いて、永続するに足る意味情報を綴っていこうと思う。

ファーバーカステル クラシックコレクション万年筆 エボニー

 


スペック:
Fabercastell Classic Colection: Ebony/ファーバーカステル クラシックコレクション: エボニー

-全長・13.6cm(キャップ有り)/13cm(キャップ無し)
-最大重量・41g(キャップ含め)/27g(キャップ無し)
-最大軸径・1.9cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.1cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)