今使っている文具 vol.027

 

今使ってる文具達

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・F14kニブ
・インク: エルバン・公証人用インク


いつもの万年筆。
公証人インクを使っているが、インクの伸びが悪いのか太めのニブで使ってみると文字を書く際少し抵抗がある。
発色は鉛筆みたいなグレーだが、はっきりした発色のインクの間に挟むと緩急が生まれて良いのかもしれない。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: ダイアミン・レジストラーズインク


いつもの万年筆。
メンテナンスをしてて間違えてレジストラーズインクに極黒を少し混ぜてしまったが、今の所大丈夫な様だ。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

Venvstas カーボンT万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


カヴェコ・リリプット用クリップが似合うので最近よく使う万年筆。
カーボンがどんな感じでエイジングされてくのか分からないが、今の所エッジの細かな欠けや表面に細かな傷が見受けられる位だろうか。
クリップは銅製らしく手の触れる部分以外は全体的にくすんでいく。


Venvstas カーボンT万年筆・レビュー

 

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


いつもの万年筆。
しばらく放って置いたら表面が黄色っぽくなりエッジがピンク気味になって来たので、もうしばらく放って置くと面白いかも知れない。

買った時に入っていた木の箱を最近は家での万年筆入れに使っている。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

カランダッシュ849
・リフィル:フィッシャー・F・ブルー


塗装を剥がしてアルミ軸にした849。
剥がした際塗装がかなり厚かったが、エクリドールとかは分厚いメッキにパターンを刻むらしいからそういった由来があるのかも知れない。


 

 

紳士なノート・ハードカバー A5:


ロイヒトトゥルムのA6を使い切ったので紳士なノートのA5サイズを使い始めた。
やはり広い紙面は使いやすく、紙質も良い方。(今使っている中では公証人インクが裏抜けしてしまうが)


 

 

総評:
ノートを使い切ったので新しくしたが、今まで使った中ではこの紳士なノートとロディアのランドスケープノートが使いやすいだろうか。後はトラベラーズノート位か。

今使っている文具 vol.021

 

今使ってる文具達

 

Fabercastell デザインコレクション万年筆・アンビション:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: プラチナ・ブルーブラック


以前のペアウッドのが今一つだったのでレジンのものに代えてみたが、こっちの方が良いな。
これは素材の問題と言うより単に色の好みの問題かもしれないが、使い心地はあまり変わらないかもな。

プラチナBBは古典インクだからか線がシャープに出るな。


Fabercastell デザインコレクション:アンビション・レビュー

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:<ノクタジュール


携帯用に復活させてみた。万年筆として必要最低限の要素が揃ってるのが良いな。


Kaweco リリプット・レビュー

 

紳士なノート・ハードカバー 正方形:


高級ノートの様式をもった機動性のあるコンパクトなノートと言った所か。
最近持ち歩いているが取り回しが良くて使いやすい。


 

 

総評:
アンビションのレジンがお気に入りになったので暫くこれを使う事にした。

今使っている文具 vol.020

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


いつもの主軸。使い易い。
筒の中でカタカタ外れないように底に詰め物をしてみた。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Venvstas カーボンT万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:プラチナ・ブルーブラック


プラチナの古典インクのブルーブラックを使ってみた。
ボールペンの青みたいな色だがそれが返って新鮮かな。


Venvstas カーボンT万年筆・レビュー

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・F14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


いつものデスクペン。良い。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

紳士なノート・ハードカバー 正方形:


いつものノート。半分ちょっとまで使った。


 

 

総評:
いつも通りといったところか。

 

エピローグと言う小説を読んで見た。これは相当に歯ごたえのあるハードSFであり、作り話によって完結する事を拒んでる作り話であり、読者に登場人物の生死や事件の解決(?)を委ねる残酷な殺人ミステリetc…みたいなお話なんだろか?

もしかしたら作者の想定するあらゆる読者の選択肢が登場人物と照合しているのかもな、読者の理解と能動性に合わせて。
この解釈が正解かどうかは知らないが、多分明瞭かつ簡潔な解の有るお話(?)何だと思う。

私が若い頃に読んでたらプログラマかなんかを目指すきっかけになってたかもな。
凄い本もあるものだ。(アニメ化とかしたら面白いかもな)

今使っている文具 vol.019

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


いつものメインウェポン。やはり使い易い。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


いつものデスクペン。こちらもやはり使い易い。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

Kaweco スペシャル・ディップペン:
・ニブ:プラチナ・UEF14kニブ


カヴェコ・スペシャルのつけペンバージョン
ニブはプラチナ センチュリーのUEF14kニブにして、手元に余ってた万年筆のペン芯の先の部分を一緒に付けられる様に加工してインクの保持力向上を目指してみた。

細い線は嘘をつかないな。私の字の下手さがダイレクトに反映される。
筆ペンみたいな太い線は適当に書いても和尚さんが書いたみたいな字になったが。

こういう所も面白い。


 

紳士なノート・ハードカバー 正方形:


いつものノート。
裏抜け耐性が低めなのでせっかくのつけペンでも余り色んなインクが使えないのが残念なところか。

見た目はカッコいいな。


 

 

総評:
つけペンが使い始めは面白かったがやはり毎回水洗いしなければならないのが面倒かなぁ。
やはりと言うか、万年筆の方が便利かな。当たり前だが。

今使っている文具 vol.018

好奇心の範囲はその個人のドメインの大きさを表してるのかもな。

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


今月のメインウェポン。極細鉄ニブに万能的汎用性を持った極黒を組み合わせたスタンダードな軸。

どんなノートでも使える。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


いつものデスクペン。インクをレッドドラゴンにしたが赤と黒で良く似合ってるな。

やはり金ニブは良い。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

紳士なノート・ハードカバー 正方形:


正方形の小さいのを使ってみたが紙の触り心地がもの凄く滑らかだな、少し感動した。

しかし裏抜け耐性はあまり無いのでフローが良いと染料インクや古典インクは裏抜けしてしまう。
品質がそこそこ、と言うよりは目指すものが違うのかもしれないな。

多分モレスキンみたいな多機能ポータブルノートと違って高級ノートのハードカバー版、というコンセプトなんだろう。だから目的も用途も異なるのかもな。


 

 

総評:
古典インクのKWZインク・IG Green#1とLevengerのカージナルレッドと言うインクを使ってみた。

前者は発色のしっかりした良い古典インクだったな。色も青寄りの緑で綺麗だった。

後者は耐水性の無い染料インクながら顔料みたいな変わった質感の液体のインクだったな。
発色はフローが良いと少し紫の入った品の有る赤、フローが少ないとショッキングピンクみたいな色になる。

 

メモにモレスキン・リポーターサイズとカランダッシュ849にフィッシャー・スペースペンのボールペンリフィルの組み合わせを使ってるが寝っ転がっても書けるから便利だな。

 

量子怪盗の作者の短編集、「テュケーと蟻」というのを読んだ。
量子怪盗と地続きのテクノロジーと思われる世界観を背景に、子供が自分で自身を救うお話、子が親を救うお話、親が子を救うお話が展開されてた。
量子怪盗世界で言うところの崩壊以前、直前に近い頃の出来事なんだろうか?なかなか興味深くはあった。

転神疫って言うのはフョードロフ主義者みたいなのが起こした革命を目的としたテロなのかもな。

次は化物語を読む予定。