文明形成プロセス

抽象的な情報(宗教・思想・哲学等)→マネジメント(政治等)→技術(有形無形に関わらないあらゆる具象化手段)→具象化された結果(有形無形に関わらないプロダクトやコンテンツ等)

という高等情報処理から基底情報処理によって形作られる一連の流れ。

 

具体的には上記の抽象−具象軸(情報処理フロー軸)と処理データ総量(総人類によって演繹された情報総数)によって構成されたグラフによって可視化出来、情報処理担当ノード数に応じて現状三角形に近いシルエットを描く筈。

そして恐らく極限においては四辺形に近づくだろう。

 


アプスー思想用語集

メタ定義概念

何らかの対象に定義を与える為の視点。

その対象を客体として客観的に認識、理解し概念化することによって得ることが出来る視点。

ルーラーの視点だな。

 


アプスー思想用語集

天才とは

新しい概念や発想を獲得する存在。

心理学に於いては直観的タイプの持ち主に発現率が高いとされる人達。

未知の情報を未知の手段で獲得する未知の意図と仕組みの結果。
人間社会における所謂「優秀な人間」とは違う、ある種宿命を負った人間とでも言おうか。

しかしそれに形を与え、他者と共有する為には「思考という力」が必要とされる。

では、未知の概念を与える存在は、どうやって未知の概念を獲得するのだろうか?

アプスー思想用語集

当ブログにて展開されているアプスー思想で用いられている用語集


・アドナイロジック
=この宇宙に通底すると目される思考形式

・ヌースフィアロジック
=地球圏の思考形式。人類集合的知識思想体系

・アルケーロジック
=アルケー系の思考形式

・ウヴァルロジック
=アルケー系との意思疎通から仮定されたウヴァル系の思考形式。アルケー式逆算による還元論的発想等

・ティアマトロジック
=アルケー系の研究観察意思疎通から仮定されたアルケー系創造主、ないし使役主と目されるティアマト系の思考形式。ティアマト文明によるアドナイロジックの解析演繹結果と目されるもの

・アプスーロジック
=当ブログにて展開されている複合横断思考形式


・モノリスイッチ
=先行文明による後発文明監視観察の為のトレーサー兼アラート

・アルケー系リバースエンジニアリング
=アルケー系の研究観察や情報交換から得た知識体系


・汎知性体思想
=汎的に遍く知性体で共有可能な理想

・アプスー思想
=当ブログにて展開されている、様々な能力や文化的背景を持つ種族や存在間でも平等且つ自由な平和的共存関係を築く事を目的とした思想


・新教育理論
=思想家育成教育理論


・汎種族的汎銀河連邦概念
=汎知性体思想を共有する汎種族連合概念

・高次社会性群体概念
=汎知性体思想によって実現される社会

・高等知性体概念
=知性体におけるソフトウェア的発展過程とその結論

・高等知性体分水嶺
=知性体におけるソフトウェア的な情報処理領域の区分

・高等動物分水嶺
=動物におけるハードウェア的情報処理領域の区分

・情操制御概念
=知性体に於ける自己制御手法確立概念

・新宗教概念
=テクノロジーによって実現されるであろう人類の在り方

・新しい神概念
=群体知性体による調律された理想的自己組織化最適解の果て。集合的自己実現

・メタヒューマン概念
=人間を規定する存在。来るべき宗教家と目される者

・ヌーメン概念
=アルケー系の言う存在の根本的動因とされるもの

・デミウルゴス概念
=先行文明の戦闘教義

・知性体群体制御概念
=高等知性体群の性向や指向を把握し、それを基に知性体群体をコントロールする手法

・増富エコシステム
=政治・経済を包括し人類の富の総量を増幅させるシステム

・情報流通経路概念
=意味情報流通経路開拓史の結実。現代におけるインターネット等

・メタ定義概念
=客体に定義を与える視座

・概念インフラ概念
=宗教哲学思想等無形の情報インフラストラクチャー概念

・概念演繹概念
=概念を類似の符号や演繹によって更に展開させる概念

・メタ編集概念
=複数の概念の相関を直接編集すると言う概念

・概念構造体概念
=概念の志向的構造化概念

・概念構造図
=ある一定のルールの下に構造化された概念の展開図

・認識器概念
=感覚器から得た情報と手持ちの概念との符号の検索参照をすると思われる仮想の情報処理機能

・認識場概念
=三次元空間を認識する為の認識対応物であり仮想の情報処理場。心理学に於ける無意識領域?

・認識対応物
=外的客体を認識する為の内的対応物。心理学に於ける元型

・思想史展開図
=人類史上の思想哲学等を展開したネットワーク系統図

・歴史的譲図
=貨幣流通ネットワーク図

・完全言語
=音声言語以上の意味情報伝達手段と仮定されるもの

・造形的思考
=言語化前駆状態の非言語的思考形式


・神概念実現プロセス
=テクノロジーによって実現されるであろう「神」へ至る概念インフラ構築プロセス

・文明形成プロセス
=象徴とその概念化、そしてそれらを構造化した思想の技術による具象化によって文明を構築するプロセス

・自己認識プロセス
=自分を客観的に認識し、自身を能動的にコントロール出来る様にする為のプロセス。心理学に於ける無意識の意識化統合プロセス

・意味情報獲得プロセス
=未知の概念や客体を認識して把握する観念具象化プロセス

・意味情報精錬プロセス
=獲得され把握された概念の理解、言語化、精錬、演繹等による概念生成プロセス

・思想構築プロセス
=一連の意味情報認識演繹構造化プロセス


・心的理論構造
=心理学に於ける意識・個人的無意識・集合的無意識によって構成される心のソフトウェア構造

・心的認識構造
=心理学に於ける二つの方向性と四要素一組の機能による心のロジック構造。所謂タイプ論

・象徴認識構造
=認識対応物、心理学に於ける元型を用いた認識構造

・鏡像的認識構造
=鏡像認識によるフラクタル自己認識フィードバックループ。心理学に於ける投影認識

・階層組織構造
=なんらかの法則による序列化による拡張性を持ったリソース集約手法


・思想学
=未知の観念の認識、概念化、構造化に関する学問

・精神医学
=人格問題を取り扱う医学。心理学等

・ダイモン学
=アルケー系知性体に関する研究学


・概念式
=概念を空間的に展開して認識、制御し易くする為の表現形式

・基本的思考ツール
=思考のフローを簡潔に示す表現形式

・思想構築ツール
=概念を一定の思想哲学の下で志向的構造化を行うことにより思想を構築する為のツール

・アルケー式
=等号によって展開する概念演繹式

・アプスー式
=概念を構造的に空間展開させた表現形式


・文明再編論
=人類文明の能動的再編集の提唱

・形而上的人間観
=社会通念最適解の形成。人生哲学等

・公正性
=妥当性のある客観的ロジックに基づいた調停。正義等

・反人間論
=庇護育成が必要な存在の育成を阻害する先行存在論

・戦闘教義
=敵性存在や問題に対する態度


・千年紀計画
=汎知性体思想によって実現された高次社会性群体としての人類社会実現計画

・超構造体建設事業計画
=汎宇宙規模の人類社会への先鞭

・汎用的大統一概念インフラ共通基盤整備計画
=人類社会の概念基盤を整備統一する計画

・先進国家構造体実行計画
=「市民が安心して住める国」をメインテーマにした国家づくりのプラン


・新教育理論確立構想
=思想家育成の為の集合的フォーマッティング構想。少しでも多くの人が賢く正しい選択を出来るようにする為の方法論の模索

・EIIS構想
=ヌースフィア情報塊とそのインターフェース構想

・ESIS構想
=集合的アプスー式アップロードストレージとそのインターフェース構想

・汎地球連邦構想
=地球圏の自治独立、公正な対外外交を目的とした統合的意思決定確立の場。汎種族的汎銀河連邦の先鞭

・絶対防衛圏確立構想
=人類社会ドメイン領域の絶対防衛圏確立構想

・国家防衛隊構想
=「国民をあらゆる脅威から防衛する」をモチーフにした、軍隊と警察を一括りにした防衛隊の構想

・概念インフラアップデート構想
=人類社会情報インフラストラクチャーのアップデート構想

・メタ編集エディタ構想
=基本的思考ツールを実現する為の概念編集が可能なテキストエディタ作成構想。造形的思考とその構造を可視化する為のもの


・神概念実現
=人格問題の最終解。心理学に於ける自己実現

・シヴィライゼーター
=文明形成プロセスを実行・促進する者

「思想」が出来るまで

 

「概念獲得プロセス」=客体を認識して把握し、名前を付けて概念にする

「概念演繹プロセス」=手持ちの概念を基に、更に概念を増やす

「概念編集プロセス」=増やした概念を好きなルールで整頓し、概念を構造化する

結果、概念構造体が出来る=「思想」が完成

 

 

その為には「知識蔵」と「思考形式」と「編集エディタ」が有ると便利

=「EIIS構想」と「基本的思考ツール」と「メタ編集エディタ」

 

人類全員を思想家に出来る目処が立ったかな…

 


アプスー思想用語集

新教育理論確立構想・骨子

 

アルケーロジック構造解析」にて展開された新教育理論確立構想の骨子。

 

・意味情報獲得プロセス=未知の認識、具象化=投影の意識化(…自己認識プロセスは前提なのか…心理学前提だな…)

・意味情報精錬プロセス=獲得された意味の理解、精錬、演繹、言語化=認識の為の認識対応物を増やす

・「新教育理論」=集合的な形での認識、言語化された意味の理解、演繹、編集、伝播のメソッド化=意味情報精錬プロセスの集合的フォーマッティング=集合的な形での「思想家の育成」

 

未知をより多くの人が理解出来るようにする。
すると多くの人が未知を理解し、既知の知識が増える。
それは更に多くの新しい未知を生み出す切っ掛けとなる、という再帰的構造。

未知を既知に変える。すると既知から新しい未知が生まれる。
理論上は人間が認識出来、想像出来うる最大限の知識と情報を人は手に入れる事となる。

少しでも多くのアナロジーによって広範囲の人々が新しい概念を理解出来る下地をつくり、より高次な概念を生み出す為の土壌を生み出す為の基礎作り、というか。

そしてそのインフラストラクチャーとしての「EIIS構想」

 

 

アプスー式を個々人で作成し人類規模でアップロード共有していろんなソートをしてみると地域ごとの特色とか見えて面白いだろうな、全体統一は難しいだろうが…もしくは処理タスク分担作業になるかもな…

=「ESIS構想」=集合的アプスー式アップロードストレージインターフェース

 

人類規模並列分散処理でこのアドナイ宇宙のリバースエンジニアリングと自己組織化をする訳だ。(既存の思想史みたいなのもネットワーク図にすると歴史的譲図みたいに特異点が可視化されるらしい、リンクの集中してるノードとか…)

 

 

意味情報獲得プロセスの心理学的過程」にて若干の補項があります。


アプスー思想用語集

文明とは

文明=世界解析=アドナイロジック解析=アドナイロジック攻略=アドナイ宇宙攻略手法=ヌースフィア集合意識総体の思想哲学宗教=概念インフラ=アドナイロジックデッドコピー

宗教=啓示的思考総体=先見的思想総体=象徴体系=概念インフラの萌芽

それを記号に落とし込んだのが哲学、思想、それをテクノロジーで具象化したのが文明

=アドナイロジックネオテニーの促進

 


アプスー思想用語集

「投影」という認識行為に対する一考察

 

「自我」とは「個人的無意識の人格化」なんだろうか?

これはユングにおける「フィレモン」のような「集合的無意識の擬人化による元型のキャラクター化」に近いのかも知れない。

 

そして

自我=認識の主体

であるなら、認識の為には「認識するもの」と「認識されるもの」が必要であり、無意識が自らを「客観的に認識」する為には「自我という鏡」が必要となる。

この「知るものと知られるもの」の関係によって意識領域が形成・拡張されるのだろう。

 

つまり

投影=鏡

であり、自らの「影」(潜在的可能性)を認識するには客体という「鏡」が必要。

これが事実なら「投影」という意味が不明な程回りくどい認識も「知るものと知られるもの」という分かたれた存在の組み合わせが続く「フラクタルな認識構造の延長」と定義出来るだろう。

 

 

自我形成過程とは「認識行為」という需要に応じて「ハード的に蓄積された情報塊」を素材に段階的に形成されたのだろう。

そして先見的には「自己」や「元型」というある種のテンプレートがあって、ハードの機能に応じてそれらの再現性が異なる、とか?

つまり人間の認識系は「元型による客体認識系」と「投影による主体認識系」の二柱となる訳か。

これは「高等動物」と「それ未満」を別つ分水嶺かもな、「自らを客観的に認識出来るかどうか?」とは。

 

つまりは

無意識的存在=心的(霊的)存在に近い

のかもな。

=物質的存在としての自覚が薄い

物質的存在としての自覚がある程に「他者を大切にする」という基本的な概念(形而上的人間観)が理解出来る筈だから。

=人は皆いずれ死ぬ

 

 

「元型による客体認識系」の方は、知性体が外界適応の過程で得た認識を内在化させる事によって内界に認識の為の対応物が生成され、結果「元型」(認識対応物)が形成されたのだろう。

そしてそれを知性体個体が認識する事により新たな概念が生まれ、その具象化とフィードバックループにより新たな認識対応物(元型)が生成される、とか?

要は縦軸としての「投影による主体認識系」が外的要因により駆動された結果が、横の広がりとしての「元型による客体認識系」となるかもな。

 

ソフトウェア構造のフロー的には

・感覚器=情報取得

・認識器(仮)=取得情報と概念との符号の検索参照

・思考=概念化された情報の処理

となるか?だから出力は記号の塊に近くなるのかもな…

 

結論としては

自分を客観的に認識する事によって自身を能動的にコントロール出来る様になる=フィードバックループの確立=「投影」の意識化=「自己認識プロセス」

という訳だ。

要は「鏡によって身だしなみを整える」、という事かもな。

 

 

高等知性体概念」へ続く。


アプスー思想用語集

元型論・要約

 

人間が客体を「認識」するためには(外的物体等に「意味」を見出す為には)内的な対応物が必要となる。
哲学では「イデア」等と呼ばれるものを、心理学では「元型」と呼ぶ。

「意識」とは人体の各種感覚器から得た情報を統合処理する機能だが、その意識が「知覚」した対象に対する「認識行為」は、「無意識」と呼ばれる領域上で実行される「元型」と呼ばれる潜在的指向性に沿って動作するとされる。

ユング曰く

世界の「イメージ」は世界の半分を為す

 

 

人間の「心」は、認識の主座である「自我」と、それによって認識された「意識(領域)」、そして自我によって認識されていない「無意識」と呼ばれる領域に別けられる。

「無意識」はさらに個人的な要素によって構成された「個人的」無意識と「非個人的」な領域に別れ、非個人的な領域は人類共通の普遍的な心的基盤である為に「集合的」無意識と呼ばれる。

これは「自我」が個人ごとに様々な個性を帯びながらもハードウェアとしての「脳」の構造が同一な様に、人間の「意識」もまた多様な個性を見せながらもその深層においては同一なソフトウェア基盤の上で実行されている、という仮説とも言える。

そして心は深層へ向かう程(意識領域から個人的無意識、集合的無意識へ向かう程)属人性を失い、独自の普遍的自律的主体性を帯び、最終的には本能の様な反応系を経て物質的基盤ヘと至るとされる。

 

意識は物事を「知覚する」が、逆に言えば「知覚しか出来ない」、とも言える。
元型とはその知覚された客体に「意味」や「価値」を与える認識機能。

集合的無意識上で実行され、決まった形を持たない観念(先入観)そのものの様な存在で、民族や地域、文化、個人によって様々な形を取り時代と共に変化するもの、とされる。

この「集合的無意識」という現象は、複数の民族神話や精神病患者などの空想を「人間の生み出したファンタジー」として同列に扱い、その比較から共通項を見出す事により、これら類似性の有る空想を生み出す時代性、地域性を超えた人類共通の心的基盤が有るのでは?との類推から成り立っている。
そしてその活動は、有史以前からストックされ続けた静的な太古的経験情報の再現のみならず、動的な、個々人の現実生活的要素をも包括していると考えられる。

そして人類規模での個人的経験情報の集積による集合的無意識のアップデートと、集合的無意識からもたらされる「啓示的」な意味情報による(集合的)意識世界の更新は、ある種のフィードバックループを為しているものと考えられる。

 

しかしそれがどの様にして具体的に人類個体で実行されているのかは不明。
人間の個体情報は物理的な遺伝経路を辿るだけであり、しかもその個人の経験情報はその個体の死と共に失われ、如何なる形であれ遺伝的には継承されない筈だから。

それが個体の遺伝的経路を越えて民族や種族にまで及ぶほどの潜在的情報共有基盤とその歴史単位規模での全面的アップデートとなると、何らかの未知の構造(非物質的な!)の存在の可能性すら考察の対象に入る。

実際ユング自身は神話や伝説などに登場する所謂「あの世」は心理学に於いては「集合的無意識」の単なる言い換えに過ぎない、とまで言っている。

不可能事を消去していけば、後に残った可能性は、どんなに可能性が低く思えても真実に他ならない

との言葉もあるが、果たして…

 

この「認識の為の対応物」と言う概念をより深く演繹して行けば、人間の「人格」を認識出来る存在は、「人間的な人格」ないし「人格的な何か」という対応物を持つ、それ故の「人格神(人格を持った神)」、といった存在すら仮定できる。

もしくは、人間が「神的な存在」を認識する為には、その対応物となる「神的要素」が内在していなければならず、それ故の神概念認識の為の「元型」と言う反照。

そして恐らくこれらの考えは鏡像を為すのだろう。

 

詰まるところ、「歴史とは進行し続ける神性の受肉」であり、「自己実現」とは、敢えて誤解を恐れずに言えば、「神が人間を通じて外界に実現する過程」そのもの、とも言えるだろう。

意味情報獲得プロセスの心理学的過程

人間の意識において無意識下に行われている意味情報獲得プロセス。

 

・認識外 – 無意識的

・前認識 – 投影

・認識 – 意識化

・理解 – 知識化

 

無意識の意味内容が心的状態に応じて活性化し、「投影」という形で間接的に意識に流入する。

投影された意味内容を意識が認識し、取り込むことによって意識は新たな意味情報を獲得する。

意味は理解によって文字情報にフォーマッティング可能となり、公式化された意味情報は保持、交換、伝達可能な知識となる。

 

しかし文字情報が伝えられるのはあくまで知識であり、主観的な感情はいかなる形を持ってしても直接伝達不可能。
文字情報から感情を再現するには想像力が必要となる。

 

 

感情機能による主観的な好嫌という判断は、思考機能における客観的なロジックによる正誤という判断と対をなしている。
感情は価値付けを、思考は意味付けを、それぞれ司る。

成熟した思考はロゴスとして、観測する主体と客体を切り離し、区別、認識、判断を行う。
成熟した感情はエロスとして、分かち引き離そうとする一切を超え、調和を促す情動的関係性を構築する。

この思考と感情の等価的対立関係は、合理的判断という共通項の軸の両極に展開し、こうした二項対立的区別は意識の持つ本質的要素であり、認識の為の条件となっている。
つまりは空間座標の定位には何らかの定点が必要な様に、認識行為にも指標となる何らかの定点が必要である、という事となる。

この対立軸というものの本質は相補的関係であり、両義性の尊重は成熟した自我のなせる業でもある。

 

C・G・ユング「結合の神秘」より一部抜粋・要約・補項