今使っている文具 vol.023

 

今使ってる文具達

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: セーラー・蒼墨


プラチナの古典BBが気に入ってたのでしばらく使っていたが、ystudioの軸でセピアを使う事になったのでそれに合わせて彩度低めで落ち着いた色の蒼墨にした。

銀は自然光の下だと宝石の様に輝くな。持ち歩くときはスリップオンのミニペンケースに一本だけ仕舞う事にした。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <クラシックセピア>


プラチナのクラシックインクのカーキブラックに同社の古典ブルーブラックを混ぜたセピアを使っている。
ニブは古典インクに合わせて金ニブに換えておいたが、やはり線は太く出るな…

持ち歩き普段使いにはやはりエイジングの似合う軸がいいなぁ、と思いメインは上記の二本に落ち着いた。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:<ノクタジュール


持ち歩き常備用の軸。専用レザーケースが緩くなって落っことしそうなのでクリップで固定する事にした。


Kaweco リリプット万年筆・レビュー

 

 

ロディア WebNoteBook Landscape A5:


変則的なレイアウトのノートなので変則的に使えて面白いが、やはり持ち歩いて使うならスタンダードな縦長のノートの方が使い易いかもな。

蒼墨とセピアの組み合わせは思ったよりも良いが、カジュアルなロディアには少し渋めな組み合わせだな…


 

 

 

総評:
万年筆はやはりキズや経年劣化によるエイジングが似合う軸が使い易いが。
特に意識はして無かったが今回万年筆以外はレゴブロックみたいなポップな組み合わせになったな。面白かったので写真に残しておこう。

蒼墨は青墨よりは暗い、彩度を落とした水色みたいな色で、和紙に似合いそうな何処と無く和風のセンスを感じさせる面白いインクだった。

 

メモはロルバーンを使ってるが、丁度こっちもインクの組み合わせ同様青系と黄系の組み合わせだな。

カランダッシュ849はフィッシャーのボールペンリフィルで常備してるが、少し乱暴に扱ってしまい寝っ転がって使うと線が掠れる様になってしまった。
普通に使う分には大丈夫な様だが…中のガスが抜けてしまったんだろうか?次は丁寧に扱おう。

今使っている文具 vol.022

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


ロディアのノートに変わったのでまた使い始めた。

紙質を選ばないのでノートを選ばず線がシャープで使い易い。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

 

Yard・O・Led レトロ万年筆:
・ニブ:パイロット EF14kニブ
・インク:プラチナ・ブルーブラック


新しいノートになったので何と無くまた使い始めた。
金属パーツがスターリングシルバーなので何処と無く品がある。

ペン芯が外せないのでカスタマイズし難いが古典インクのプラチナBBだと線が割と細めに出るな。
軽くて使い易い。


Yard・O・Led レトロ万年筆・レビュー

 

 

 

Caran d’Ache バリアス万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: プラチナ・カシスブラック


久々に使って見たがやはり使い易いな。いい軸だ。(胴軸の木の部分にヒビが入ってたな、いつの間にか。内側から圧がかかったみたいに。扱いが難しいらしい。)

インクは暗い赤色で、プラチナのカシスブラックにカーキブラックを少し混ぜたもの。


Caran d’Ache バリアス万年筆:エボニー・レビュー

 

 

 

ロディア WebNoteBook Landscape A5:


新しく使い始めたロディアのオレンジの横長ノート

紙質は手触り、裏抜け耐性、共にソコソコかな。線は少し太く出る。
色は少しクリーム色がかっていてモレスキンよりは汎用性がある、と言ったところか。

表紙はクッションみたいに厚めで裏紙が色紙みたいでしおりが短め、つまりモレスキンよりはポップな印象だが、紙面が広いので使い甲斐はあるかな。


 

 

総評:
ノートを新しくしたので軸構成も新しくした。