今使っている文具 vol.025

 

今使ってる文具達

 

Venvstas カーボンT万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:ダイアミン・レジストラーズインク


ダイアミンのレジストラーズインクを使ってみた。古典インクなので線が細めに出る。
この軸は元々ペン芯が細いからニブが絞られてか線が細めに出る。


Venvstas カーボンT万年筆・レビュー

 

 

Kaweco スペシャル万年筆・ブラス:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <デモンヴェルデ


久々に使うカヴェコスペシャルのブラス版。
首軸を黒にするとレトロ軸みたいな雰囲気になっていい。


Kaweco スペシャル万年筆 ブラス・レビュー

 

 

フィッシャー・スペースペン


ここの所夏の高温に晒されるからかインクがダマ状になって先端から出てきたり線が掠れたり、リフィルの調子が悪いようだ。

過酷な環境でも使えるはずだが、ちょっと問題あるかもな。


 

 

スリップオン・ファスナーペンケース ミニ:


上記三本が丁度入るいつものペンケース。スマートでお気に入り。


 

 

ロイヒトトゥルム・ノート A6:


ロディアのランドスケープノートを使い切ったので新しく使い始めたノート。
モレスキンとほぼ同じフォーマットだが各ページにページ数が振ってある、栞が二本ついてる、インデックスページがある、など細部が微妙に異なる。

紙質は前使ってたロディアのとそう変わらないが、書き心地がザラザラしてて(これは意図的なものかもしれないが)それほど滑らかでは無い。

今回いつもより小さめのA6サイズを使ってみたが、やはり広い紙面の方がいいので見開きで使うことにした。ノートはA5位が最低サイズか。


 

 

ロルバーン・メモ縦型 M:


いつものメモ。やはり使い易い。


 

 

総評:
ノートが新しくなったので軸もモダンなデザインのものに変えてみた、が。(色彩設計が派手だな。女性管理職のノートみたいだ)

今使っている文具 vol.024

 

今使ってる文具達

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: ローラー&クライナー・サリックス


最近メインで使ってる万年筆。
インクは古典インクのサリックスを使ってる。明るい青で少し薄めのブルーブラック。

発色は今使ってるロディアのノートではプラチナのブルーブラックとあまり変わらないかな。前者が少し暗め、後者は発色が明るく紫寄り、位か。後者の方が線が細く出る。

ダイアミンのレジストラーズインクを使ってた時は首軸とニブの間からインクが少し漏れてたが、インクの種類によってはこうなるらしい。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

フィッシャー・スペースペン


無重力でも使えるボールペンで、宇宙飛行士も使ってるらしく合理的なデザイン。キビキビ動いて良い道具、と言った感じか。ただ見た目は並みかな。
握りの部分が粗めのヤスリ位に切り立ったエッジになっている。

パーツ同士に遊びがあるので(理由は不明)リフィル先端にマスキングテープを巻いてカタカタ言わないようにして、外れ易い胴軸にはOリングを仕込んでネジが緩まないようにした。少し隙間は空いてるが…

前使ってたカランダッシュ849とは対照的な無骨な実用軸。


 

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク:<ノクタジュール


いつもの実用軸。
最近は使ってて面白いから古典インクを良く使ってるが、性能だけを求めるなら顔料インク一択で済むかもな。安定して高性能。鉄ニブでも使えるし。


Kaweco リリプット万年筆・レビュー

 

 

スリップオン・ファスナーペンケース ミニ:


上記三本のペンが丁度仕舞えるスマートなペンケース。


 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <クラシックセピア


いつものデスクペン。
インクはクラシックセピアを使ってるが、このインクは配合率にもよるだろうが書いた直後はほぼグレーだが数日経つと割と劇的に茶系に変化する。

夏だからかコンバーターの部品の間から盛大にインク漏れが発生してた。ロングカートリッジを使うと大丈夫なようだ。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

ロディア・WebNoteBook Landscape A5:


いつものノート。


 

 

ブロック ロディア・No13.:


いつも使ってるロルバーンの縦型メモを使い切ったので、似たようなサイズのロディアのものを使ってみた。
ゴムバンドが無いのと方眼の紫色の線が濃くて字が見難いと感じだが、前者は輪ゴムを付けて解決し、後者は使ってる内に慣れて来た。

デザインは良く使い心地も悪く無くページ数も多目だが、やはりロルバーンの方がトータルでは性能は上かもな。悪くは無いが。


 

 

総評:
ダイアミンのレジストラーズインクと言うものを使ってみた。
インクとしては線が少し太めに出る普通のインクだが、かなり薄い線でも後日見るとほぼ黒に近い暗濃紺色に黒変していて古典インクとしてはかなり濃度が高いっぽい。万年筆以前の時代からの正統派ブルーブラックと言った性能と色味との印象。
現代ではどちらかと言うと特殊なインクに近いのかもな。少し取扱い注意と言ったところか。(インク洗浄時に一緒に洗った軸の表面が少しベタついてた)

今使っている文具 vol.018

好奇心の範囲はその個人のドメインの大きさを表してるのかもな。

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


今月のメインウェポン。極細鉄ニブに万能的汎用性を持った極黒を組み合わせたスタンダードな軸。

どんなノートでも使える。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


いつものデスクペン。インクをレッドドラゴンにしたが赤と黒で良く似合ってるな。

やはり金ニブは良い。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

紳士なノート・ハードカバー 正方形:


正方形の小さいのを使ってみたが紙の触り心地がもの凄く滑らかだな、少し感動した。

しかし裏抜け耐性はあまり無いのでフローが良いと染料インクや古典インクは裏抜けしてしまう。
品質がそこそこ、と言うよりは目指すものが違うのかもしれないな。

多分モレスキンみたいな多機能ポータブルノートと違って高級ノートのハードカバー版、というコンセプトなんだろう。だから目的も用途も異なるのかもな。


 

 

総評:
古典インクのKWZインク・IG Green#1とLevengerのカージナルレッドと言うインクを使ってみた。

前者は発色のしっかりした良い古典インクだったな。色も青寄りの緑で綺麗だった。

後者は耐水性の無い染料インクながら顔料みたいな変わった質感の液体のインクだったな。
発色はフローが良いと少し紫の入った品の有る赤、フローが少ないとショッキングピンクみたいな色になる。

 

メモにモレスキン・リポーターサイズとカランダッシュ849にフィッシャー・スペースペンのボールペンリフィルの組み合わせを使ってるが寝っ転がっても書けるから便利だな。

 

量子怪盗の作者の短編集、「テュケーと蟻」というのを読んだ。
量子怪盗と地続きのテクノロジーと思われる世界観を背景に、子供が自分で自身を救うお話、子が親を救うお話、親が子を救うお話が展開されてた。
量子怪盗世界で言うところの崩壊以前、直前に近い頃の出来事なんだろうか?なかなか興味深くはあった。

転神疫って言うのはフョードロフ主義者みたいなのが起こした革命を目的としたテロなのかもな。

次は化物語を読む予定。