今使っている文具 vol.026

 

最近ダーツが、とてもとても面白く思わず時間を忘れる程に楽しい。万年筆の次位のお気に入り、趣味の一つになった。(その間はかなり開いてはいるが)

 

後は新しいMacBookを使い始めたが、以前使っていたMacBook Airで改善して欲しい点がアップデートされてかなり便利なノートパソコンになっていた。特に電源周り、ケーブル関連で融通が効くのが嬉しい。
アダプターが断線して買い直すとかしなくて良いとか、コンセントだけで無くモバイルバッテリーでも充電出来るらしいとか。
ポートは一つしか無いが、これは使う側の発想自体を変えるべきなんだろうな。USBハブでゴチャゴチャ、みたいなのを。

 

今回この記事を書くに当たってOmmWriterというテキストエディタを使ってみたが、これも中々にセンスの良い、アーティスティックなエディタだな。面白い。

 

今使ってる文具達

 

Venvstas カーボンT万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:エルバン・公証人用インク


最近お気に入りの軸。理由はカヴェコ・リリプット用のクリップを付けたから。
本来は首軸に空いてる穴みたいなのを隠したかったから付けたが、存外良い雰囲気になってお気に入りとなった。(専用ケースには入ら無くなってしまったが)

インクはエルバンの公証人用インクというものを使っている。
色はウォームグレーと言うか、同社のインク、グリヌアージュの赤黒寄りバージョン。同じく微妙な色合いのセンスの良いインクといった印象。
液体の鉛筆の様にかなり薄いインクと色味なので実用的では無いが、耐水性が有り、線は結構太めに出る。
因みにこのインクはつけペンでの使用を推奨されている。(程に耐水性が高いのだろう。つまり取り扱い注意)


Venvstas カーボンT万年筆・レビュー

 

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: ダイアミン・レジストラーズインク


ダイアミンのレジストラーズインクを使っているが、このインクは太めの線幅でフローが良過ぎるとインクが乾いたら黒い煤の様なものが出てノートを汚してしまうので、ソコソコのフローの方がいい様だ。(濃い部分を指で擦ると黒い煤の様なものが付着する。極黒でもこんな事は無いが)
書いた直後はダークブルーだが、数日経つとほぼ黒に近い色になる。そして顔料系インクに匹敵する耐水性となって水で流してもビクともし無くなる。
黒の古典インクは多分今の所無い(少なくとも私は知らない)ので、そういう意味でも面白いインクではある。

因みにバイスロイは首軸からペン芯が外せないので(少なくとも私のバージョンでは)、取り扱いには注意が必要だろう。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


いつもの同じ組み合わせのお気に入りの軸。
エイジングに趣が有り美しく、更に使っていて楽しい。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <デモンヴェルデ


いつもの万年筆。

結果的に万年筆は実用的だったりエイジングが面白い軸が好きになったが、正統派の軸はこの軸が残った。(逆にいえばこの軸はエイジングが似合わない)


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

カランダッシュ849
・リフィル:フィッシャー・F・ブルー


長く使えるボールペンを探してたけど、この塗装を剥がしてアルミ素材剥き出しにした849で落ち着いた。

塗料は(私の物は)アロンアルファはがし隊、というものに漬けると剥がれた。
アルミ剥き出しの軸は塗装の保護が無いからかなり傷つき易くなってはいるが。


 

 

ロイヒトトゥルム・ノート A6:


古典インクを使うとソコソコの確率で裏抜けする、モレスキンよりはマシだがまぁ普通のノート、と言った所か。

やはり手触りのいい紙の方が好みかなぁ。


 

 

総評:
カーボンTがかなりお気に入りの軸になって他の軸達もかなり精査されてきた。インクも面白いものが増えて中々に楽しい。
後は様々なインクを許容出来る良い紙のノートが必要だが。

今使っている文具 vol.024

 

今使ってる文具達

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: ローラー&クライナー・サリックス


最近メインで使ってる万年筆。
インクは古典インクのサリックスを使ってる。明るい青で少し薄めのブルーブラック。

発色は今使ってるロディアのノートではプラチナのブルーブラックとあまり変わらないかな。前者が少し暗め、後者は発色が明るく紫寄り、位か。後者の方が線が細く出る。

ダイアミンのレジストラーズインクを使ってた時は首軸とニブの間からインクが少し漏れてたが、インクの種類によってはこうなるらしい。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

フィッシャー・スペースペン


無重力でも使えるボールペンで、宇宙飛行士も使ってるらしく合理的なデザイン。キビキビ動いて良い道具、と言った感じか。ただ見た目は並みかな。
握りの部分が粗めのヤスリ位に切り立ったエッジになっている。

パーツ同士に遊びがあるので(理由は不明)リフィル先端にマスキングテープを巻いてカタカタ言わないようにして、外れ易い胴軸にはOリングを仕込んでネジが緩まないようにした。少し隙間は空いてるが…

前使ってたカランダッシュ849とは対照的な無骨な実用軸。


 

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク:<ノクタジュール


いつもの実用軸。
最近は使ってて面白いから古典インクを良く使ってるが、性能だけを求めるなら顔料インク一択で済むかもな。安定して高性能。鉄ニブでも使えるし。


Kaweco リリプット万年筆・レビュー

 

 

スリップオン・ファスナーペンケース ミニ:


上記三本のペンが丁度仕舞えるスマートなペンケース。


 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <クラシックセピア


いつものデスクペン。
インクはクラシックセピアを使ってるが、このインクは配合率にもよるだろうが書いた直後はほぼグレーだが数日経つと割と劇的に茶系に変化する。

夏だからかコンバーターの部品の間から盛大にインク漏れが発生してた。ロングカートリッジを使うと大丈夫なようだ。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

ロディア・WebNoteBook Landscape A5:


いつものノート。


 

 

ブロック ロディア・No13.:


いつも使ってるロルバーンの縦型メモを使い切ったので、似たようなサイズのロディアのものを使ってみた。
ゴムバンドが無いのと方眼の紫色の線が濃くて字が見難いと感じだが、前者は輪ゴムを付けて解決し、後者は使ってる内に慣れて来た。

デザインは良く使い心地も悪く無くページ数も多目だが、やはりロルバーンの方がトータルでは性能は上かもな。悪くは無いが。


 

 

総評:
ダイアミンのレジストラーズインクと言うものを使ってみた。
インクとしては線が少し太めに出る普通のインクだが、かなり薄い線でも後日見るとほぼ黒に近い暗濃紺色に黒変していて古典インクとしてはかなり濃度が高いっぽい。万年筆以前の時代からの正統派ブルーブラックと言った性能と色味との印象。
現代ではどちらかと言うと特殊なインクに近いのかもな。少し取扱い注意と言ったところか。(インク洗浄時に一緒に洗った軸の表面が少しベタついてた)