今使っている文具 vol.024

 

今使ってる文具達

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: ローラー&クライナー・サリックス


最近メインで使ってる万年筆。
インクは古典インクのサリックスを使ってる。明るい青で少し薄めのブルーブラック。

発色は今使ってるロディアのノートではプラチナのブルーブラックとあまり変わらないかな。前者が少し暗め、後者は発色が明るく紫寄り、位か。後者の方が線が細く出る。

ダイアミンのレジストラーズインクを使ってた時は首軸とニブの間からインクが少し漏れてたが、インクの種類によってはこうなるらしい。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

フィッシャー・スペースペン


無重力でも使えるボールペンで、宇宙飛行士も使ってるらしく合理的なデザイン。キビキビ動いて良い道具、と言った感じか。ただ見た目は並みかな。
握りの部分が粗めのヤスリ位に切り立ったエッジになっている。

パーツ同士に遊びがあるので(理由は不明)リフィル先端にマスキングテープを巻いてカタカタ言わないようにして、外れ易い胴軸にはOリングを仕込んでネジが緩まないようにした。少し隙間は空いてるが…

前使ってたカランダッシュ849とは対照的な無骨な実用軸。


 

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク:<ノクタジュール


いつもの実用軸。
最近は使ってて面白いから古典インクを良く使ってるが、性能だけを求めるなら顔料インク一択で済むかもな。安定して高性能。鉄ニブでも使えるし。


Kaweco リリプット万年筆・レビュー

 

 

スリップオン・ファスナーペンケース ミニ:


上記三本のペンが丁度仕舞えるスマートなペンケース。


 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <クラシックセピア


いつものデスクペン。
インクはクラシックセピアを使ってるが、このインクは配合率にもよるだろうが書いた直後はほぼグレーだが数日経つと割と劇的に茶系に変化する。

夏だからかコンバーターの部品の間から盛大にインク漏れが発生してた。ロングカートリッジを使うと大丈夫なようだ。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

ロディア・WebNoteBook Landscape A5:


いつものノート。


 

 

ブロック ロディア・No13.:


いつも使ってるロルバーンの縦型メモを使い切ったので、似たようなサイズのロディアのものを使ってみた。
ゴムバンドが無いのと方眼の紫色の線が濃くて字が見難いと感じだが、前者は輪ゴムを付けて解決し、後者は使ってる内に慣れて来た。

デザインは良く使い心地も悪く無くページ数も多目だが、やはりロルバーンの方がトータルでは性能は上かもな。悪くは無いが。


 

 

総評:
ダイアミンのレジストラーズインクと言うものを使ってみた。
インクとしては線が少し太めに出る普通のインクだが、かなり薄い線でも後日見るとほぼ黒に近い暗濃紺色に黒変していて古典インクとしてはかなり濃度が高いっぽい。万年筆以前の時代からの正統派ブルーブラックと言った性能と色味との印象。
現代ではどちらかと言うと特殊なインクに近いのかもな。少し取扱い注意と言ったところか。(インク洗浄時に一緒に洗った軸の表面が少しベタついてた)

今使っている文具 vol.023

 

今使ってる文具達

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: セーラー・蒼墨


プラチナの古典BBが気に入ってたのでしばらく使っていたが、ystudioの軸でセピアを使う事になったのでそれに合わせて彩度低めで落ち着いた色の蒼墨にした。

銀は自然光の下だと宝石の様に輝くな。持ち歩くときはスリップオンのミニペンケースに一本だけ仕舞う事にした。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <クラシックセピア>


プラチナのクラシックインクのカーキブラックに同社の古典ブルーブラックを混ぜたセピアを使っている。
ニブは古典インクに合わせて金ニブに換えておいたが、やはり線は太く出るな…

持ち歩き普段使いにはやはりエイジングの似合う軸がいいなぁ、と思いメインは上記の二本に落ち着いた。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:<ノクタジュール


持ち歩き常備用の軸。専用レザーケースが緩くなって落っことしそうなのでクリップで固定する事にした。


Kaweco リリプット万年筆・レビュー

 

 

ロディア WebNoteBook Landscape A5:


変則的なレイアウトのノートなので変則的に使えて面白いが、やはり持ち歩いて使うならスタンダードな縦長のノートの方が使い易いかもな。

蒼墨とセピアの組み合わせは思ったよりも良いが、カジュアルなロディアには少し渋めな組み合わせだな…


 

 

 

総評:
万年筆はやはりキズや経年劣化によるエイジングが似合う軸が使い易いが。
特に意識はして無かったが今回万年筆以外はレゴブロックみたいなポップな組み合わせになったな。面白かったので写真に残しておこう。

蒼墨は青墨よりは暗い、彩度を落とした水色みたいな色で、和紙に似合いそうな何処と無く和風のセンスを感じさせる面白いインクだった。

 

メモはロルバーンを使ってるが、丁度こっちもインクの組み合わせ同様青系と黄系の組み合わせだな。

カランダッシュ849はフィッシャーのボールペンリフィルで常備してるが、少し乱暴に扱ってしまい寝っ転がって使うと線が掠れる様になってしまった。
普通に使う分には大丈夫な様だが…中のガスが抜けてしまったんだろうか?次は丁寧に扱おう。

状況受容性について

状況受容性、つまり適者生存の様な結果論的勝者の視点で無くもっとミクロな、生存性と言うか困難や苦境を乗り越え克服する力、そう言った性質や性向、みたいなものがあるのかもな。ある種の哲学というか。

属性としてはパッシブなものとなるな。つまりは根性みたいなものかも知らんが、従来はマゾヒズムみたいな言葉で卑下されて来たものかもしれないな。

 


アプスー思想用語集

地球の盟主

「地球の盟主」足り得るのは、地球文明に責任を持とうとする者だけ、だろう。

権力分散型の政治形態よりも中央集権型の方が対異文明戦には対応しやすいだろうな。機動力がある(アクティブな対応が取れる)。
前者は一般市民がその危険性を認識出来るまでに敵性存在が顕現し始めた後、つまり後手に回るだろうな。

つまりパッシブとアクティブな訳だ。執政官と独裁官みたいなものか。
敵性存在が一般市民にまで認識出来るほどに顕現してくれれば、の話だが。

自らの利益を超えて行動できる存在、リーダーの資質だな。


アプスー思想用語集

今使っている文具 vol.022

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


ロディアのノートに変わったのでまた使い始めた。

紙質を選ばないのでノートを選ばず線がシャープで使い易い。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

 

Yard・O・Led レトロ万年筆:
・ニブ:パイロット EF14kニブ
・インク:プラチナ・ブルーブラック


新しいノートになったので何と無くまた使い始めた。
金属パーツがスターリングシルバーなので何処と無く品がある。

ペン芯が外せないのでカスタマイズし難いが古典インクのプラチナBBだと線が割と細めに出るな。
軽くて使い易い。


Yard・O・Led レトロ万年筆・レビュー

 

 

 

Caran d’Ache バリアス万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: プラチナ・カシスブラック


久々に使って見たがやはり使い易いな。いい軸だ。(胴軸の木の部分にヒビが入ってたな、いつの間にか。内側から圧がかかったみたいに。扱いが難しいらしい。)

インクは暗い赤色で、プラチナのカシスブラックにカーキブラックを少し混ぜたもの。


Caran d’Ache バリアス万年筆:エボニー・レビュー

 

 

 

ロディア WebNoteBook Landscape A5:


新しく使い始めたロディアのオレンジの横長ノート

紙質は手触り、裏抜け耐性、共にソコソコかな。線は少し太く出る。
色は少しクリーム色がかっていてモレスキンよりは汎用性がある、と言ったところか。

表紙はクッションみたいに厚めで裏紙が色紙みたいでしおりが短め、つまりモレスキンよりはポップな印象だが、紙面が広いので使い甲斐はあるかな。


 

 

総評:
ノートを新しくしたので軸構成も新しくした。

文明形成プロセス

抽象的な情報(宗教・思想・哲学等)→マネジメント(政治等)→技術(有形無形に関わらないあらゆる具象化手段)→具象化された結果(有形無形に関わらないプロダクトやコンテンツ等)

という高等情報処理から基底情報処理によって形作られる一連の流れ。

 

具体的には上記の抽象−具象軸(情報処理フロー軸)と処理データ総量(総人類によって演繹された情報総数)によって構成されたグラフによって可視化出来、情報処理担当ノード数に応じて現状三角形に近いシルエットを描く筈。

そして恐らく極限においては四辺形に近づくだろう。

 


アプスー思想用語集

増冨エコシステム

各ノードのあらゆる関係間から全体の系を破綻させる事無く収益を上げ続けることが出来る収益回収エコシステムを構築出来るのなら、人類生態系を内包した経済エコシステムは究極の利益を上げられる訳だ。

エコシステムは収と支によって出来ている。再分配システムに近いな。
既存の経済と政治は収益回収ビジネスと社会マネジメントとして格納される訳か。

 


アプスー思想用語集

メタ定義概念

何らかの対象に定義を与える為の視点。

その対象を客体として客観的に認識、理解し概念化することによって得ることが出来る視点。

ルーラーの視点だな。

 


アプスー思想用語集

今使っている文具 vol.021

 

今使ってる文具達

 

Fabercastell デザインコレクション万年筆・アンビション:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: プラチナ・ブルーブラック


以前のペアウッドのが今一つだったのでレジンのものに代えてみたが、こっちの方が良いな。
これは素材の問題と言うより単に色の好みの問題かもしれないが、使い心地はあまり変わらないかもな。

プラチナBBは古典インクだからか線がシャープに出るな。


Fabercastell デザインコレクション:アンビション・レビュー

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:<ノクタジュール


携帯用に復活させてみた。万年筆として必要最低限の要素が揃ってるのが良いな。


Kaweco リリプット・レビュー

 

紳士なノート・ハードカバー 正方形:


高級ノートの様式をもった機動性のあるコンパクトなノートと言った所か。
最近持ち歩いているが取り回しが良くて使いやすい。


 

 

総評:
アンビションのレジンがお気に入りになったので暫くこれを使う事にした。

メタヒューマン概念

人間を人間たらしむる存在。人間を観測し存在させる存在。人類の鏡。神、ないし超人、神話的存在や伝説の中の登場人物、SFに於ける宇宙人等etc…と表現されて来たもの。

人類文明にとっての自己診断プログラムやデバッガー、新しい宗教家の事なのかもな。

 


アプスー思想用語集