地球の盟主

「地球の盟主」足り得るのは、地球文明に責任を持とうとする者だけ、だろう。

 

権力分散型の政治形態よりも中央集権型の方が対異星文明戦には対応しやすいだろうな。機動力がある(アクティブな対応が取れる)。
前者は一般市民がその危険性を認識出来るまでに敵性存在が顕現し始めた後、つまり後手に回るだろうな。

つまりパッシブとアクティブな訳だ。執政官と独裁官みたいなものか。
敵性存在が一般市民にまで認識出来るほどに顕現してくれれば、の話だが。

 

自らの利益を超えて行動できる存在、リーダーの資質だな。

 


アプスー思想用語集

今使っている文具 vol.022

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


ロディアのノートに変わったのでまた使い始めた。

紙質を選ばないのでノートを選ばず線がシャープで使い易い。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

 

Yard・O・Led レトロ万年筆:
・ニブ:パイロット EF14kニブ
・インク:プラチナ・ブルーブラック


新しいノートになったので何と無くまた使い始めた。
金属パーツがスターリングシルバーなので何処と無く品がある。

ペン芯が外せないのでカスタマイズし難いが古典インクのプラチナBBだと線が割と細めに出るな。
軽くて使い易い。


Yard・O・Led レトロ万年筆・レビュー

 

 

 

Caran d’Ache バリアス万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: プラチナ・カシスブラック


久々に使って見たがやはり使い易いな。いい軸だ。(胴軸の木の部分にヒビが入ってたな、いつの間にか。内側から圧がかかったみたいに。扱いが難しいらしい。)

インクは暗い赤色で、プラチナのカシスブラックにカーキブラックを少し混ぜたもの。


Caran d’Ache バリアス万年筆:エボニー・レビュー

 

 

 

ロディア WebNoteBook Landscape A5:


新しく使い始めたロディアのオレンジの横長ノート

紙質は手触り、裏抜け耐性、共にソコソコかな。線は少し太く出る。
色は少しクリーム色がかっていてモレスキンよりは汎用性がある、と言ったところか。

表紙はクッションみたいに厚めで裏紙が色紙みたいでしおりが短め、つまりモレスキンよりはポップな印象だが、紙面が広いので使い甲斐はあるかな。


 

 

総評:
ノートを新しくしたので軸構成も新しくした。

文明形成プロセス

抽象的な情報(宗教・思想・哲学等)→マネジメント(政治等)→技術(有形無形に関わらないあらゆる具象化手段)→具象化された結果(有形無形に関わらないプロダクトやコンテンツ等)

という高等情報処理から基底情報処理によって形作られる一連の流れ。

 

具体的には上記の抽象−具象軸(情報処理フロー軸)と処理データ総量(総人類によって演繹された情報総数)によって構成されたグラフによって可視化出来、情報処理担当ノード数に応じて現状三角形に近いシルエットを描く筈。

そして恐らく極限においては四辺形に近づくだろう。

 


アプスー思想用語集

増冨エコシステム

各ノードのあらゆる関係間から全体の系を破綻させる事無く収益を上げ続けることが出来る収益回収エコシステムを構築出来るのなら、人類生態系を内包した経済エコシステムは究極の利益を上げられる訳だ。

エコシステムは収と支によって出来ている。再分配システムに近いな。
既存の経済と政治は収益回収ビジネスと社会マネジメントとして格納される訳か。

 


アプスー思想用語集

メタ定義概念

何らかの対象に定義を与える為の視点。

その対象を客体として客観的に認識、理解し概念化することによって得ることが出来る視点。

ルーラーの視点だな。

 


アプスー思想用語集

今使っている文具 vol.021

 

今使ってる文具達

 

Fabercastell デザインコレクション万年筆・アンビション:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: プラチナ・ブルーブラック


以前のペアウッドのが今一つだったのでレジンのものに代えてみたが、こっちの方が良いな。
これは素材の問題と言うより単に色の好みの問題かもしれないが、使い心地はあまり変わらないかもな。

プラチナBBは古典インクだからか線がシャープに出るな。


Fabercastell デザインコレクション:アンビション・レビュー

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:<ノクタジュール


携帯用に復活させてみた。万年筆として必要最低限の要素が揃ってるのが良いな。


Kaweco リリプット・レビュー

 

紳士なノート・ハードカバー 正方形:


高級ノートの様式をもった機動性のあるコンパクトなノートと言った所か。
最近持ち歩いているが取り回しが良くて使いやすい。


 

 

総評:
アンビションのレジンがお気に入りになったので暫くこれを使う事にした。

メタヒューマン概念

人間を人間たらしむる存在。人間を観測し存在させる存在。人類の鏡。神、ないし超人、神話的存在や伝説の中の登場人物、SFに於ける宇宙人等etc…と表現されて来たもの。

人類文明にとっての自己診断プログラムやデバッガー、新しい宗教家の事なのかもな。

 


アプスー思想用語集

文明再編論

自分達の手で宗教なり思想なり、つまり概念インフラをリデザインするって人格のリデザイン、つまり集合的自己実現に近いのかもな、人類の。

人間の欲求から生まれた荒削りな文明を能動的に洗練させてゆく、と。
行使できる手段に応じてそれ相応な文明が必要、なのかもな。

 


アプスー思想用語集

人格形成過程に対する一考察

もしかしたら意識というものは、無意識の力動の欲求・発露を整流・表現すると言う都合の為にデザインされて行くのかも知れない。(力関係から言えば当然と言えば当然だが)

その需要の結果として意識から高次の意味での精神性が生まれ、その精神によって無意識の奔流を整流する、という三すくみの構造があるのだろう。(心から生まれ育まれる理性、の様な。フラクタル構造に近いな。逆に言えば、誰もが高い精神性を持ち得る訳ではなく、しかしその逆の存在には容易になれる、という構造が、現実社会には反映されているのかもな)

自己実現とは、無意識の力動を恣意的に引き出す為に能動的・主体的に意識を精神によってリデザインする様なものなのかもな。

文明を齎す者

文明=技術によって具象化された思想

であり

思想=象徴的観念を理解によって概念化し、それらを構造化したもの

なら、象徴の受け皿となる宗教家と、その理解と構造化を担う思想家と、それを実現出来るだけのリソースを兼ね備える者は「文明をもたらす者」となれるな。

 


アプスー思想用語集