「影」との対決

「影」とは心理学用語で、自我によて抑圧された自身の心的部分である。意識化(自覚)されていないので無意識に属している。

何が抑圧されているか?何故抑圧されているか?は個人によって異なり、その個人が「否」と断じたその個人自身の総体でもある。

例として挙げるなら、社会通念上の道徳的行為に反すること(他者に危害を加える等)は一般的には抑圧されている。

しかしその抑圧はその時点での価値観によるものであり、その個人の心的な成長によって価値観が広がり心的容量が増すことによって、つまり自分自身を受け入れることによって、「影」は意識化(自覚)され、自らの新たな可能性へと通じる事ともなる。

例として挙げるなら、優しい人間がその性格によって抑圧していた部分を受け入れ厳しさを得てより全人的な存在に近づく、その逆に厳しい人間が優しさを得る、等。

平たく言えば「影」とは自分自身の内に潜在化した悪も含めた全可能性なのだ。

 

人類史とは言い換えれば自らの野蛮な獣性を「悪」と定義し、法や自由、正義、博愛といった形而上的人間観によって抑圧してきた歴史でもある。
そしてその経緯にはインクの代わりに血を用いるかの如き凄惨な歴史的背景が存在する。
我々が原始人の如き粗末な生活を送らずに済むのも、ひとえに文字文化による形而上的人間観の継続的更新のお陰なのだ。

しかし抑圧されたものとは解放を望むものでもある。
現代においても悪を為しても罰のない様な状況下では人は容易に悪を為し、全体主義や群集心理による狂気の沙汰は尽きる事が無い。
教育によって上書きされた形而上的人間観の下には、まさに正銘の野蛮人が潜んでいるのだ、誰の中にも。
後天的な教育以外の面では、人間のスペック自体は数十万年規模で変わっていないだろう。結局脳の構造自体に変化がないのだからスペック自体は変わらないわけだ。

故に万人が自らの「影」との対決を経て意識化し、統合、制御することを求められているが、「影」の統合とは魂の苦悩とすら呼べるほどの心理的、道徳的、感情的葛藤を自らの内に抱えることに他ならず、そんな事の出来る人間なぞほんの一握りしか居ないであろう事もまた、数十万年規模で変わらない事実なんだろう。

しかしこれを持って人間の本性とは獣である、というのも片手落ちと言うものだ。何故って人は善への志向も持ち合わせているから。
そうでなければ現代文明なぞ生まれ様も無かっただろう。
結局形而上的人間観とは、個人が集団の中でもつつがなく生活出来るように、という目的に対する最適解なのだ。

 

「自己実現」という言葉は現在では種々様々な意味で使われているが、本来はこの潜在化した可能性「影」を自我に統合し全人的存在へ至る行為を指す。

「自己」とは心理学用語で、意識と無意識を包括した心全体、且つその中心点という矛盾した高次元の概念であり、自我意識とその影である個人的無意識との統合とは、この「自己」をこの次元に「実現」する、という行為に他ならない。故にこれを「自己実現」と呼ぶ。
そしてこれが心理学によって客観的に定義された人間の生きる目的でもある。

しかしこの次元では「熱くて冷たいもの」や「大きくて小さいもの」と同じく「全体にして中心(点)」といった矛盾を包括した概念も存在することは出来ない。
故にそのような存在を目指す過程が、自己実現の過程自体が、生の目的となる。
つまりは人の心から「影」を無くす事は不可能であり、しかしそれは同時に常に未知の可能性を抱き続けることをも意味する。

人間の心には常に未知なる部分が存在し続けるという事。
これは尽きない可能性の源泉ともなるが、自然現象なので人間社会における道徳的観念などの形而上的人間観は考慮されていない。
故にその発露の際には個人の自我意識による整流が必要となる。

 

ちなみに心全体の中心は自我では無い。
我々は自分の感情をスイッチを入れたり切ったりする様にコントロール出来ず、思考もまた然り。
これはつまりは我々が「自分」と呼んでいる「自我」は、心全体の管理者権限を有していないことを意味する。

自我が心全体の主人であるのならば、我々は感情も思考も自由にコントロールしているはずだが、残念ながらそんな事の出来る人間はこの世に存在しない。
その事実から演繹された心全体の主人が「自己」という概念である。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。