トラベラーズノート・レビュー

万年筆を使い始めてからそれ用のノートを色々探すことになった。

要件は

・A5くらいのサイズ感
・丈夫なハードカバー
・書いてる途中で勝手に閉じない開きの良いノート
・万年筆のインクでも裏抜けしない紙
・内ポケット
・しおり
・表紙を閉じるためのゴムバンド
・納得のいくデザイン

結論はトラベラーズノート

 

過去のノート遍歴:
一時期は気軽に使えるリングノートが気に入っていて、しろくまノートのA5スリムサイズをノートに、B7サイズを持ち歩きメモにしばらく使っていた。
質の良い紙を大量かつ無造作に使える良いリングノートだった。

が、開きが良くてハードカバーのついてるノートが欲しかったのでロルバーンのスリムをノートに使うようになった。
スリムサイズ(横幅の狭いノート)はあまり腕を動かさずに手首の動きだけでノートに書き込めるから好きなんだけど、これは染料インクだと裏抜けするので一冊でやめた。
メモ用途では気にならないのでメモサイズの方は結構使っていた。
最初は縦型ミニを持ち歩いていたのだけど、縦型Mのレポーターサイズを間違って買ってしまったら思いの外使い勝手が良く、これは今でも使っている。
ハードカバーとリングノートならではの開きの良さと気軽さで、雑多に扱っても気にならない感じがいい。デザインも良いし。

その後しっかりしたノートを使いたくて、MDノートモレスキンなど色々渡り歩いた。

 

MDノートは紙質は問題ないんだけど、カバーをつけるのが前提のデザインが好きになれず、文庫サイズは使い切ったが新書サイズは途中で使用を断念した。
この辺でノートとは消耗品であり、装飾用途のカバーは不要なんだなと気づいた。
基本的に本に機能以外でカバーを付けたくなく、読書用の本もすぐカバーは取ってしまう。

モレスキンは紙質が悪く、しかしインクを色々試すほどに要件的にもデザイン的にも好みだったのだが、やはり途中で使用を断念した。
その後、中身のノート部分を切り取りハードカバーだけを使うことにして、中身はトラベラーズノートの軽量リフィルにしてみた。
これが思いの外使いやすく、リフィルとカバーの隙間にはペンが一本ちょうど収まって良い感じだったのだが、背割れが起きてしまい、やはりしっかりとした革製のカバーが良いと再認する事となった。

そしてトラベラーズノートへ至る。

トラベラーズノート

 

トラベラーズノート自体はかなり前から使っていて、今のは三代目。
初代は万年筆を知らなかった頃から使っていたが、ノートにデジタルデバイスを用いるのがメインになったので使わなくなった。
表紙自体は良いのでシンジポーチをたくさんつけて筆箱にしたり、MDノート新書サイズをリフィルにしたり色々試したけど、遊びすぎて革がダメになってしまって使えなくなってしまった。
シンジポーチを向かい合わせて配置すると、理論上はあらゆるものを筆箱にできる。

二代目はパスポートサイズで、これもシンジポーチをつけてロディアペンホルダーを仕込み、ショート万年筆を装備して持ち歩きメモ兼サイフにしたが、持ち歩きメモ自体を使わなくなったのでお蔵入りとなった。
専用リフィルは表紙がフニャフニャして立ったままでの筆記に不便だったので使わなかった。

三代目は上記のノート遍歴の結果、やはりカスタマイズできるトラベラーズノートの価値を再認したので、再度使用することにした。
ブルーエディションなのはその時丁度売ってたから。

トラベラーズノートはハードカバーでない点が気に入らなかったんだけど、クラフトファイルに厚紙を仕込んで自分でハードカバーを作って、革カバーとリフィルの間に挟めばフニャフニャしなくなると気づいて、最大の懸案がなくなったので正式にデフォルトノートとして活用する事となり現在に至る。

 

トラベラーズノート・カスタマイズ編:
手製のハードカバーは、クラフトファイルのポケットに半ページサイズに切った厚紙を入れて、その上から色紙(文具店とかで売ってるちょっと厚手のもの)とその同色のマスキングテープを貼り付けて外見を繕っている。
今思うと厚紙でなく厚手のプラ板とかの方が良かったかなぁ、とも思う。
オフィシャルでハードカバー化リフィルを出したら売れると思うがどうだろうか?
出すなら合皮とか使わず、薄くて硬くて雰囲気の有るものにして欲しい。(ブラス製の角を丸めた薄い金属板とか)

革カバーにデフォルトで付いている紐止め用の金具は取った。
ポケットにはメモ数枚とブックダーツ数個を仕込んである。
シンジポーチは何気に便利だが厚みが増すので今回は使わなかった。

リフィルは軽量リフィル。透けるほどに薄いのに万年筆のインクでも裏抜けしない素晴らしい紙質。
紙が薄くコシがないのでクタッとしていてノートの開きが良い。

しおりの先端にはチャームをつけて、視覚的に上下の判別がしやすいようにしてある。

トラベラーズノート

 

軽量版:
革表紙と軽量リフィルにコルドバ(丈夫な紙みたいな素材)のペンケースを付け、中にメモとブックダーツを仕込みレザーノートクリップで閉じている。

グニョンとするが薄いし軽いのでまあ良いかな。

 

その他のノート:
それ以外では、紙質に問題なくデフォルトでしっかりしたカバーを持つデネルサンティナがなかなか好みだったが、その時は既にトラベラーズノートが完成の域に達していたので結局途中で使用を断念した。

Lifeのヴァーミリオンノートは名前もデザインもカッコよく、紙質も問題なかったけど、その時は既にトラベラーズノートが(ry

途中で使用を断念したノートは、オーバーホール後の万年筆の試筆やインク混色の際の色味調整用に利用している。

 

具体的なノートの使用法はノートを取ることについてに書いています。以上。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。