恐怖と正義

正義とは弱者の為のものであり、正義によって維持される正しい自由こそが望むべき秩序と言えるだろう。

自由こそが秩序を守り、自由の維持には正義が必要となる。
何故なら自由が無ければ誤った秩序を正せず、正義が無ければ代わりに恐怖が人を支配するから。
正しい秩序は自由と正義によって支えられる。
そして自由や正義(公正性)といった形而上的人間観は、それを志向する意志自体が成立のための条件となる。

 

しかし、自由を持て余す人間は自由を使って自由を堕としめる。
本来なら、自由を使って自由を否定する人間に、自由を行使する資格なんて無いんだろうが。

だから自由を行使するには賢さが必要なのだが、魂の苦悩無くして人は賢くは成れず、しかし万人が自らの苦悩を受け入れられる訳でも無いのもまた、確かなのだが…

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。