知性と想像力

形無き意味は知性によって把握され、無形の理論構造は想像力によって認識され、元型的な力は空想力によって引き出される。

知性とは形無きものを認識するための手段であり、人間は想像力の及ぶ範囲でしか物事を認識できない。
そして、空想とは現実の雛形であり、無意識とは潜在化した現実であり、世界のイメージは世界の半分を成している。

故に人にとって形無きものを把握する知性と想像力は、とても重要なものであると言える。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。