風姿花伝

“人、人に非ず。識るを持て人とす”

「風姿花伝」より

風姿花伝:

経験的芸能論を越え、思想、哲学の域に達した著。

「花」という、心理学で言うところの「自己」に相当する完成された人格的概念を提示している。
日本の独自の思想、哲学としては最初期のものか?

 

“能において、演技は人形であり、其れを手繰るのは心である。心を糸として万能を繋ぐべし”

「花鏡」-万能を一心に繋ぐ事- より、意訳

花鏡:

花鏡にて「極めたる秘伝」とされる概念。

自らを虚ろなクグツとし、更にメタ的な心を持って自らを操る、とでも訳せばいいのだろうか?現代風には。(宗教的に言う所の「神的な狂気」に近いのかもしれない。神事という点でも)

私は能にも演技にも無縁な者だが、この言葉は恐らくは「最高の秘伝」と言われるだけの事は有るだろう、と思う。

 

概略:

「風姿花伝」とは西暦1400年代室町時代に成立した能楽者・世阿弥38歳頃の著。亡父観阿弥(世阿弥が22歳の時に52歳で死亡)の教えを継ぎ二十年程に渡って実践した結果を記した秘伝書。一子相伝の書で明治時代(1909)に公刊され一般人も閲覧可能となった。

「花鏡」は西暦1424年に成立した世阿弥62歳の著。「風姿花伝」以降二十年程かけて独自に発展させた自身の奥義を記した著書とされる。

以下「風姿花伝」本文。若干意訳してあるので気になる方は最下段の原本を参照してください。

 

風姿花伝


序:

それ申楽延年のことわざ、その源を尋ぬるに、或いは仏在所(インド)より起り、或いは神代より伝はると云えども、時移り代隔たりぬればその風を学ぶ力及び難し。
近頃万人の玩ぶ所は、推古天皇の御宇に聖徳太子、秦河勝に仰てかつは天下安全の為、かつは諸人快楽の為、六十六番の遊宴を為して申楽と号せしより此の方、代々の人、風月の景を仮って此の遊びの仲立ちとせり。
その後、かの河勝の遠孫此の芸を相ひ続ぎて春日・日吉の神職たり。
よつて、和州・江州の輩、両社の神事に従うこと今に盛んなり。

然れば古きを学び新しきを賞する中にも、全く風流を邪にする事無かれ。
只言葉卑しからずして姿幽玄ならんを、享けたる達人とは申すべきか。
まず此の道に至らんと思はん者は、非道を行ずべからず。
ただし歌道は風月延年の飾りなれば、もっとも此れを用ふべし。
此れ若年より此の方、見聞き及ぶ所の稽古の条々、大概注し置く所なり。

一、好色、博奕・大酒は三重戒。此れ古人の掟なり。
一、稽古は強かれ、情識は無かれとなり。

 


第一、年来稽古条々:

・七歳
一、 此の芸に於いて大方七歳をもて初めとす。
此の頃の能の稽古、必ずその者自然と出だす事に得たる風体有るべし。
舞・働きの間、音曲もしくは怒れる事等にてもあれ、ふとし出ださん懸をうち任せて心のままにせさすべし。さのみに善き悪しきとは教ふべからず。
あまりにいたく諫むれば、童は気を失いて能ものぐさく成り立ちぬれば、やがて能は止るなり。
只、音曲・働き・舞などならではせさすべからず。さのみの物真似は例えすべくとも教ふまじきなり。
大場などの脇の申楽には立つべからず。三番・四番の時分の、よからむずるに、得たらん風体をせさすべし。

 


・十二、三より
此の年頃よりははや漸々声も調子に掛かり、能も心付く頃なれば、次第々々に物数をも教ふべし。
まづ童形なれば、何をしたるも幽玄なり。声も立つ頃なり。二つの便り有れば、悪き事は隠れ良き事はいよいよ花めけり。

大方児の申楽に、さのみに細かなる物真似等はせさすべからず。当座も似合ず能も上がらぬ相なり。
但し堪能になりぬれば、何としたるも良かるべし。児と云い声と云い、しかも上手ならば何かは悪かるべき。

さりながら、此の花は「真(まこと)の花」には非ず。只時分の花なり。
然れば此の時分の稽古、全て々々易きなり。さる程に、一期の能の定めにはなるまじきなり。
此の頃の稽古、易き所を花に当てて技をば大事にすべし。働きをも確やかに、音曲をも文字にさはさはと当たり、舞をも手を定めて、大事にして稽古すべし。

 


・十七、八より
此の頃はまた余りの大事にて、稽古多からず。
まづ声変りぬれば、第一の花失せたり。体も腰高になれば懸り失せて、過ぎし頃の声も盛りに、花やかに易かりし時分の移りにて、手立てはたと変わりぬれば、気を失ふ。
結句、見物衆もを傾げなる気色見えぬれば、恥ずかしさと申し、かれ此れ此処にて退屈するなり。

此の頃の稽古には、指を差して人に笑わるるともそれをば顧みず、内にては声の届かん調子にて、宵・暁の声を使ひ、心中には願力を起こして、一期の境此処なりと生涯にかけて能を捨てぬより外は稽古有るべからず。
此処にて捨てつれば、そのまま能は止まるべし。

総じて、調子は声よりと云へども、黄鐘・盤渉をもて用ふべし。
調子にさのみに掛かれば、身形に癖出くるものなり。また、声も年寄りて損ずる相なり。

 


・二十四、五
此の頃、一期の芸能の定る初めなり。さる程に稽古の境なり。声も既に直り体も定る時分なり。
然れば此の道に二つの果報あり。声と身形なり。此れ二つは此の時分に定まるなり。歳盛りに向かふ芸能の生ずる所なり。さる程に余所目にも「すは上手いで来たり」とて人も目に立つるなり。
元名人等なれども、当座の花に珍しくして立会勝負にも一旦勝つ時は、人も思ひあげ、主も上手と思ひ染むるなり。
此れ、返す々々主の為仇なり。此れも「真の花」には非ず。年の盛りと見る人の一旦の心の珍しき花なり。真の目利きは見分くべし。

此の頃の花こそ初心と申す頃なるを極めたる様に主の思いて、はや申楽に側めたる輪説とし至る風体をする事、浅ましき事なり。
例ひ人も褒め名人等に勝つとも、此れは一旦珍しき花なりと思ひ悟りて、いよいよ物真似をも直ぐにし定め、名を得たらん人に事を細かに問ひて、稽古をいや増しにすべし。

然れば時分の花を真の花と知る心が真実の花になほ遠ざかる心なり。只人毎に此の時分の花に迷いて、やがて花の失するをも知らず。
初心と申すは此の頃の事なり。一公案して思ふべし。わが位の程を良く良く心得ぬれば、その程の花は一期失せず。
位より上の上手と思へば、もとありつる位の花も失するなり。能く能く心得べし。

 


・三十四、五
此の頃の能、盛りの極みなり。此処にて此の条々を究め悟りて堪能に成れば、定めて天下に許され名望を得るべし。
もし此の時分に天下の許されも不足に名望も思ふ程も無くは、如何なる上手なりとも未だ「真の花」を究めぬ為手と知るべし。
もし究めずば四十より能は下るべし。此れ後の証拠なるべし。

さる程に、上るは三十四、五迄の頃、下るは四十以来なり。
返す々々此の頃天下の許されを得ずば能を究めたりとは思ふべからず。此処にてなほ慎むべし。
此の頃は過ぎし方をも覚え、また行く先の手立てをも覚る時分なり。此の頃究めずば此の後天下の許されを得ん事、返す々々難かるべし。

 


・四十四、五
此の頃よりは能の手立て、大方変わるべし。例え天下に許され能に得法したりとも、それに付きても良き脇の為手を持つべし。
能は下がらねども力無くやうやう年たけ行けば、身の花も他目の花も失するなり。
まづ優れたらん美男は知らず、良き程の人も直面の申楽は年寄りては見られぬものなり。さる程に此の一方は欠けたり。

此の頃よりはさのみに細かなる物真似をばすまじきなり。
大方似合ひたる風体を、やすやすと骨を折らで脇の為手に花を持たせて、あひしらひの様に少な少なとすべし。
例え脇の為手無からんにしても、いよいよ細かに身を砕く能をばすまじきなり。何としても他目に花無し。もし此の頃まで失せざらん花こそ、「真の花」にては在るべけれ。
それは五十近くまで失せざらむ花を持ちたる為手ならば、四十以前に天下の名望を得つべし。
例え天下の許されを得たる為手なりとも、左様の上手は事に我が身を知るべければ尚々脇の為手を嗜み、さのみに身を砕きて難の見ゆべき能をばすまじきなり。
斯様に我が身を知る心、得たる人の心成るべし。

 


・五十有余
此の頃よりは大方、せぬならでは手立て有るまじ。「麒麟も老いては駑馬に劣る」と申す事有り。
さりながら真に得たらん能者ならば、物数は皆々失せ善悪見所は少無しとも、花は残るべし。

亡父にて候ひし者は五十二と申しし五月十九日に死去せしが、その月の四日駿河の国浅間の御前にて法楽仕り、その日の申楽事に花やかにて見物の上下一同に褒美せしなり。
凡そその頃、物数をばはや初心に譲りて易き所を少な少なと色へてせしかども、花はいや増しに見えしなり。
此れ真に得たりし花なるが故に、能は枝葉も少無く、老木になる迄花は散らで残りしなり。
此れ、眼の当たり老骨に残りし「花」の証拠なり。

年来稽古条々 以上


第二、物学条々:

物真似の品々、筆に尽くし難し。さりながら此の道の肝要なれば、その品々を如何にも々々嗜むべし。

此れ何事をも残さずよく似せんが本意なり。しかれども、また事に依りて、濃き・淡きを知るべし。
まづ国王・大臣より始め奉りて、公家の御佇まひ武家の御進退は及ぶべき所に非ざれば、十分ならん事難し。
さりながら、能く能く言葉を尋ね品を求めて、見所の御意見を待つべきをや。その外上職の品々花鳥風月の事態、如何にも々々細かに似すべし。
田夫野人の事に至りてはさのみに細々賤しげなる態をば似すべからず。
仮令、木樵・草刈・炭焼・汐汲等の風情にもなりつべき態をば、細かにも似すべきか。それよりなほ詳しからん下職をばさのみに似すまじきなり。
此れ上方の御目に見ゆべからず。もし見えば、あまりに賤しくて面白き所有るべからず。此の宛てがひを能く能く心得べし。
似せ事の人体に依て、浅深あるべきなり。

 


・女
凡そ女懸り、若き為手の嗜みに似合う事なり。さりながら此れ一大事なり。
まづ仕立て見苦しければ更に見所無し。

女御・更衣等の似せ事は容易くその御振舞ひを見る事無ければ、能く能く伺ふべし。衣・袴の着様、凡て私為らず、尋ぬべし。
只、世の常の女懸りは常に見馴るる事成れば、げには容易すかるべし。只、衣・小袖の出で立ちは大方の体、善し善しと有る迄なり。
舞・白拍子、又は物狂ひなどの女懸り、扇にても在れ挿頭にても在れ、如何にも々々弱々と、持ち定めずして持つべし。衣・袴等をも長々と踏み含みて、腰・膝は直に、身は嫋やかなるべし。顔の持ち様、仰けば見目悪く見ゆ。俯けば後姿悪し。
さて、頸持ちを強く持てば女に似ず。如何にも々々袖の長き物を着て、手先をも見すべからず。帯等をも弱々とすべし。

然れば、仕立てを嗜めとは懸りを良く見せんとなり。
何れの物真似なりとも仕立て悪くては良かるべきかなれども、殊更女懸り、仕立てをもて本とす。

 


・老人
老人の物真似、此の道の奥義なり。
能の位やがて他目に現はるる事成れば、此れ第一の大事なり。凡そ、能を良き程極めたる為手も、老いたる姿は得ぬ人多し。
例えば、木樵・汐汲の態物等の翁形をし寄せぬれば、やがて上手と申す事、此れ誤りたる批判なり。
冠・直衣・烏帽子・狩衣の老人の姿、得たらむ人ならでは似合ふべからず。稽古の劫入りて位上らでは、似合ふべからず。

又、花無くば面白き所有るまじ。凡そ老人の立ち振舞、老いぬればとて腰・膝を屈め身を約むれば、花失せて古様に見ゆるなり。さる程に面白き所稀なり。
只大方、如何にも々々そぞろかで淑やかに立ち振舞ふべし。
殊更老人の舞懸り無上の大事なり。花は有りて、年寄と見ゆるる公案、委口伝あり。習ふべし。只、老木に花の咲かんが如し。

 


・直面
此れまた大事なり。
凡そ、元より俗の身なれば易かりぬべき事なれども、不思議に能の位上らねば直面は見られぬものなり。まづ此れは、仮令、その物々々に依りて学ばん事、是非無し。
面食をば似すべき道理も無きを常の顔に変へて、顔気色を繕ふ事有り。更に見られぬものなり。振る舞ひ・風情をば、そのものに似すべし。
顔気色をば、如何にも々々己なりに繕はで直に持つべし。

 


風姿花伝・花鏡

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。