ユングについて

ユングにとっては、宗教の神話も精神病患者の空想も人間の心が生み出したファンタジーという点では等価値なものであっただろう。ユングの視点は冷徹なまでにフラットだ。
錬金術なりグノーシスなりユダヤ・キリスト教神話なりUFOなりを先入観なくそのまま人間の心的活動が生み出した心的ログであると認識出来て初めてユングの視点が理解できる。

しかしこの

理解という課題には、とらわれない自由な心で取り掛かる

というユングの多岐にわたる研究対象と研究態度こそが誤解を受け、ユングはオカルト的とみなされているのだろう。

しかしユングは「オカルト的」とは真逆の存在だ。ユングの行ったことは人間の有史以来の心的活動を分析し、その心的なログを丹念に洗い出し、そこから規則性を見出し人間の心的な理論構造を発見していったのだ。

例えば結合の神秘は錬金術を扱っているけれど彼は錬金術を行っているのではなく、錬金術的プロセスに投影された心的成長(自己実現)のプロセスを分析していたのだ。この「錬金術」の部分には、宗教神話や精神病患者の空想など様々なものが代入される。

ゆえにユングの方法論に則れば、例えばカバラみたいな現代人には役に立たない理解不能な神秘主義的テキストも、古代人が古代の言葉で編纂した概念獲得具象化プロセスの直観的理解として認識でき、また現代の言葉に翻訳して現代風に理解できるだろう。
このあたりの「認識」を理解出来ると、ユングの持つフラットで広い視点が理解できると思う。(このアプローチは現代のビッグデータの扱いに近いだろう)

彼はその膨大な知識量、思考量を持ちながら、しかし自らを「医者」と定義していた。
実際彼の思考は殆ど思想家や宗教家と呼んでもおかしくない位だが、その思索的結実を最終的には「患者の社会適応」の様な次元にまで落とし込む辺りが、彼の「医者」たる所以なのかなぁ、と感じた。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。