万年筆のインクについて

インクは大きく分けて染料系・顔料系・古典インクの3種に分けられると思う。それぞれ一長一短があるので用途に合わせて使い分けることとなる。

 

染料系:
一般的なインクで、ドライアップし難く水洗いも出来るので使いやすいしフローも良いけど、インクとしての性能は低め。
耐水性がなく、紙質が悪いとすぐ滲み、よく裏抜けするので。

なのでカジュアルな用途でガンガン使うのに適しているのだろう。(ちなみにパイロットのブルーブラックは染料系ながら若干耐水性がある)

フロー渋めの鉄ニブとの相性も良く、美しい発色のインクが多いのも特徴。
線は若干太めに出る。

 

顔料系:
インクとしてはかなり高性能で、強力な耐水性がありフォーマルな用途にも使え、紙質もあまり選ばない裏抜けしにくい万能系。

しかし使い勝手は染料に比べると若干悪い。染料系に比べると若干フローが悪く、ドライアップすると水で溶けないので水洗いが出来ない、等の為。

プラチナのインククリーナーでの定期的なメンテナンスがオススメ。
インククリーナーの洗浄液は何度か使い回しが出来る。

インクとしては濃淡や発色、強力な耐水性等かなり安定して使える。

 

古典インク:
昔ながらのインクで、化学変化で黒変する透明な液体に視認性を付加するため染料を加えたもの。
乾燥すると黒変して耐水性を持ち、裏抜けしにくいのも特徴。
しかしキャップの気密性にもよるけどドライアップしやすいので注意が必要。

フローが悪くドライアップしたら水に溶けなくなるけど、ビタミンC水溶液によって洗浄出来るらしい。

古典インクは酸性の液体のため、耐腐食性を持つ金ニブでの使用が推奨されている。
扱いが難しいらしく、今では数も少ない。

 

古典インクは別名ブルーブラックとも言われ、視認用の染料に青系の色を使っていたことに起因する。
文字の書き始めは染料の青系が紙に乗るのだが、徐々に科学変化によって黒変してゆく様を指してブルー → ブラックと呼び、単に暗蒼色の色味を指している訳では無い。

 

歴史的経緯としては、古くからフォーマルな用途には改竄防止用に耐水性を持つブルーブラックインクが用いられていたが、近代、ボールペンと油性インクの登場によってその座を取って代わられて現在に至る。

そして万年筆自体は趣味性の高い筆記具となり、その用途に合わせてフォーマル用途には向かないがメンテナンス性の高い染料系インクが主流となった。

そして扱いの難しい古典インクは、技術の発達によって万年筆でも使用可能となった耐水性の高い顔料系インクに切り替わりつつあり、現在古典インクは一部の愛好家によって使用されている、といった感じだろうか?

 

 

現在入手可能な古典インクはペリカン・ブルーブラックプラチナ・ブルーブラックが入手しやすい。

ペリカンBBは書き始めは赤寄りのロイヤルブルー系BBで、時間と共に濃紺色に変化してゆく。
プラチナBBはボールペンの青に近いオーソドックスな赤よりのブルーブラック。
プラチナのクラシックインクも古典インクとしては入手し易い方。

その他にはローラー&クライナーのサリックススカビオサ、ダイアミンのレジストラーズインクがある。
サリックスは正統派の暗めの青で、スカビオサは珍しい紫色の古典インク。
レジストラーズインクは使ったことがないからわからないけど、かなりピーキーな代物らしい。

私の知る限りではこんなところだろうか?
ただ古典インクは全般的に色が薄いかな…水っぽいと言うか。
フローもかなり渋いので線も細く出る。

 

総括:
インクはニブの太さやフローの良し悪し、使用する紙の質によって出力結果が大きく異なるので要試行錯誤。以上。

 

備考:
同じニブでも染料インクは線が太く出て顔料インクや古典インクは線が細く出るなど、インクによって線幅も変わってくる。
これがインクのフローの良し悪しによるものなのか、インクの性質によるものなのかは判らない。

あと、インクの色が薄いと濃くしようと無意識に筆圧を上げてしまうなど、筆記体験にも影響を与える。

個人的に、クリーム色の紙だと特にブルーブラック系のインクの色がよく映える。

 

使用してるインクに関しては万年筆インク・混色レシピ に書いてあります。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。