ヴァルドマン セトラ万年筆・レビュー

ハードな印象で渋いデザインの軸、ヴァルドマン セトラ
パイロットF14kニブと自家調合インクの暗緑色、<ベルベットダークネス>で運用中。

頑強なボディと適度なサイズ、重さで使い勝手が非常に良い。

 

アウトライン:
軸の真ん中が括れていると言う、とても特徴的なシルエットのデザイン。
キャップを外すと胴軸のアウトラインがニブの先端に向かって収束してゆく鋭角なシルエットがかっこいい。
デザイン的にキャップが長いので、胴軸が一般的な長さに比べるとほんの少し短い。
キャップの格子模様部分の材質にスターリングシルバーが使われており、この軸のアピールポイントともなっている。

銀は全金属中最大の可視光反射率を誇り、美しい輝きとともに手にもよくなじむ肌触りを持つ。

 

仕様:
キャップはネジ式。気密性に優れ、尾栓部分にもポスト用のネジが刻まれている。
クリップはバネ式。

ほぼ全てのパーツが金属製で、首軸構造は一般的なシュミット系のペン芯ユニットが使用されているので汎用性が高い。

私はニブをパイロット・カスタムの金ニブF14kが使えるよう改造している。

ヴァルドマン セトラ

 

キャップ部分が銀なので、せっかくだからそのスターリングシルバー部分を燻してみた。
結果は失敗で、この燻し液にドボンと浸けたらやりすぎてしまった。
このクリーナー液につけて磨いたらだいぶ良くなったけど、完全復活とまではいかなかった。

もしやるなら格子状のモールド部分に爪楊枝で墨入れするような感じにしとけばよかったなぁ、と今なら思う。

 

付属のコンバーターはシュミット製の一般的なもの。

 

総評:
デフォルトの金ニブが海外のFニブサイズの線幅で太すぎて使い道がなかったので、しばらくお蔵入りしてたけど、ラミー スカラで太め重めの軸の使いやすさに気づいてパイロットのF14kニブで復活させたら思いの外使いやすかったので、メイン万年筆の一本として使っている。
現在のお気に入り。

ヴァルドマン セトラ

 


スペック:
Waldmann Xetra/ヴァルドマン セトラ

-全長・13.65cm(キャップ有り)/11.6cm(キャップ無し)
-最大重量・39g(キャップ含め)/22g(キャップ無し)
-最大軸径・1.5cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。