ウォーターマン メトロポリタン万年筆・レビュー

全体に施されたウェービーな模様が印象的なエレガントな軸、ウォーターマン メトロポリタン
個人的に葉巻型のシルエットは好みではないんだけど、この軸はウェーブ状の模様が美しく、思わず手に取ってみた。

パイロット・F14kニブと<セピア>で運用中。

 

アウトライン:
かなり細身の葉巻型シルエット全体にウェーブ模様が施された金属軸はかなりエレガント。
軸径的には細軸の分類に入るだろう。

しかしペン芯の形状が何故かやたらとゴツく(カトキハジメっぽいデザイン)エレガントな軸と不釣り合いな印象。

 

仕様:
キャップは嵌合式。クリップは金属の剛性で挟み込むタイプなので取り扱いに注意が必要。大きすぎるものを挟むと元に戻らなくなる恐れがある。

付属のコンバーターはヨーロッパ共通規格ながら汎用性は低いよう。造り自体は良い。

ウォーターマン メトロポリタン

 

構造:
首軸はプラスチック製でラミー サファリの首軸の様に直接ペン芯を差し込む構造。
形状的に上下が決まっており、首軸左右にパーティングラインがあるのが残念。

 

ペン芯とニブはかなり独特な形状をしているが、カヴェコ用のペン芯がそのまま使えたのでペン芯はカヴェコ用のものに代え、ニブはパイロット・カスタムの金ニブF14kに換装。

ペン芯はカヴェコ用ニブを固定する段差を削っておいた。(ちなみにカヴェコのニブはボック社製と公式サイトのカヴェコ スペシャル FP紹介ページに書いてあった)

 

カヴェコ用のペン芯はこことかここで首軸部分が丸ごと買える。
カヴェコ・スポーツ用だけど、首軸インナーとペン芯、ニブは各製品共通っぽい。首軸インナーパーツは要改造だけど。

交換部品が容易に手に入るのでカヴェコは色々冒険ができる楽しい軸。

 

メトロポリタン自体は普通の細軸といった感じ。女性が持つとしっくり来ると思う。

ウォーターマン メトロポリタン

 


スペック:
Waterman Metropolitan/ウォーターマン メトロポリタン

-全長・13.8cm(キャップ有り)/12.3cm(キャップ無し)
-最大重量・23g(キャップ含め)/15g(キャップ無し)
-最大軸径・1.35cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.05cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。