自分自身を望む、ということ


自分自身を望みなさい。それが道へと向かわせる。

心的な困窮や方向喪失から脱する為に外界を一通り探索すると、リビドーが内向化し自分自身を探索の対象にし —つまりは内省の様なプロセスが促され— 結果新たな自己発見、その後また新たな外的目標が生じ外界探索に向かう、と言うようなプロセスがある様だ

赤の書に出てきたこの言葉とその周辺のテキスト内容は、この人間の精神的発達を促すループへ至るキーワードなのかもしれない

 

C・G・ユング「赤の書」より一部抜粋・要約・補項

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。