国家防衛隊構想

国家は国民を外敵から守り、内的な秩序を維持する事を主な機能としている。

だからその機能を持つ自衛隊と警察等を、国の内外の脅威から国民を防衛する防衛隊として統一すると、今よりも機能的になるのではなかろうか?

軍隊と警察を一括りにした組織。コンセプトは「国民をあらゆる脅威から防衛する」として。

 

具体的には自衛官の視点では常時シーズンオフの(シーズンオンは戦争なのでオフの方が当然良いが)自衛官は警官等の業務に携わり、警察官の視点では常時シーズンオンから現在で言う自衛隊員用の訓練期間を得る、と言う様な。

すると隊員は実際的な実務経験が積める、国民との交流が促進される、などが起きてより実戦的な存在となるだろう、と考えるが。

 


アプスー思想用語集

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。