今使っている文具 vol.018

好奇心の範囲はその個人のドメインの大きさを表してるのかもな。

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


今月のメインウェポン。極細鉄ニブに万能的汎用性を持った極黒を組み合わせたスタンダードな軸。

どんなノートでも使える。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


いつものデスクペン。インクをレッドドラゴンにしたが赤と黒で良く似合ってるな。

やはり金ニブは良い。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

紳士なノート・ハードカバー 正方形:


正方形の小さいのを使ってみたが紙の触り心地がもの凄く滑らかだな、少し感動した。

しかし裏抜け耐性はあまり無いのでフローが良いと染料インクや古典インクは裏抜けしてしまう。
品質がそこそこ、と言うよりは目指すものが違うのかもしれないな。

多分モレスキンみたいな多機能ポータブルノートと違って高級ノートのハードカバー版、というコンセプトなんだろう。だから目的も用途も異なるのかもな。


 

 

総評:
古典インクのKWZインク・IG Green#1とLevengerのカージナルレッドと言うインクを使ってみた。

前者は発色のしっかりした良い古典インクだったな。色も青寄りの緑で綺麗だった。

後者は耐水性の無い染料インクながら顔料みたいな変わった質感の液体のインクだったな。
発色はフローが良いと少し紫の入った品の有る赤、フローが少ないとショッキングピンクみたいな色になる。

 

メモにモレスキン・リポーターサイズとカランダッシュ849にフィッシャー・スペースペンのボールペンリフィルの組み合わせを使ってるが寝っ転がっても書けるから便利だな。

 

量子怪盗の作者の短編集、「テュケーと蟻」というのを読んだ。
量子怪盗と地続きのテクノロジーと思われる世界観を背景に、子供が自分で自身を救うお話、子が親を救うお話、親が子を救うお話が展開されてた。
量子怪盗世界で言うところの崩壊以前、直前に近い頃の出来事なんだろうか?なかなか興味深くはあった。

転神疫って言うのはフョードロフ主義者みたいなのが起こした革命を目的としたテロなのかもな。

次は化物語を読む予定。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。