情報流通経路発展の帰結

情報流通経路の発達がある閾値を越えるとその文明の民度が表出するのかもな。

それは「その文明の相が変わった」と呼べるほどの変化なのかも知れないが、これはある種文明発展過程に於ける典型的かつ普遍的な出来事なのかもな。

「悪意の増幅装置」は作れても「善意の増幅装置」は作れないのが痛いところか。
「善意の価値」は理屈を通じなければ理解出来ないが「悪意の価値」は動物レベルでも理解出来るからな。

 

現状はインフラが整っていてもそれに見合った使い方がされていない、と言った所か。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。