今使っている文具 vol.015

 

今使ってる文具達

 

Venvstas カーボンT万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:セーラー・極黒


現在のメインウェポン。
炭化した円筒形の木の枝みたいなシンプルな造形に軽い軸と金ニブ。そしてモレスキンでも問題なく使える極黒がよく似合う。
モレスキンで金ニブを使える数少ない組み合わせの一つだろう。

使い心地は毛筆の細筆を思わせ、カーボン素材は手触りがいい。

コンバーターにしたら結合部が緩くてインク漏れしてたのでエーデルシュタインのロングカートリッジに変えてみた。

実物はかなり手作り感が強いが、それがかえって味になっている。荒削りだが面白い軸。


Venvstas カーボンT万年筆・レビュー

 

 

Kaweco スプラ万年筆:
・ニブ:プラチナ・UEF14kニブ
・インク:<ブルーブラック


超極細ニブであるプラチナ・センチュリー万年筆用大型UEF14kニブを移植する為の軸。
現状UEF14kニブ専用プラットホームに近い。用途はモレスキン用。

使い勝手はそんなに良くないが(ystudioのポータブル万年筆カランダッシュのエクリドール万年筆みたいに軸の重みを利用して書いてるという感じがしない。単に重いだけという印象)これはUEF14kニブが超極細線を実現する為のかなり特殊なニブなだけでF14kニブ位だったらまともな書き心地かもな。
元々大型ニブしか使えないので選択肢はかなり限られるが。

重い軸と硬いニブ、針の様に細いペンポイントは使っていて紙に穴が開きそうなほど。


Kaweco スプラ万年筆・レビュー

 

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


相変わらず美しいエイジング感を持つポータブル実用軸。
磨くと美しい。良い。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク:セーラー・ナイト/ブルー


お供のハイライター。カヴェコ・スプラと同系列のデザインで親和性が高い。

スプラをショート軸にするとリリプットと同サイズの長さになるのでカヴェコ・スポーツ用のレザーケースで一緒に持ち運べる。

ロングサイズにする為のスプラみたいな胴軸用追加パーツとか発売されないだろうか?


Kaweco リリプット万年筆・レビュー

 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: <ブルーブラック


最後に残った万年筆らしい万年筆の一本。デスクペンとして常備してあって便利。

首軸にOリングを仕込んで緩みにくくなってからは本当に使い易くなった。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

スリップオン ファスナーペンケース ミニ:


細身で美しいシルエットなのでカーボンT、スプラ、リリプットを入れてるが、余りキツキツに詰めると開閉時にチャックと接している軸に傷が付く。


 

モレスキン・ラージサイズ:


モレスキンはサイズ感が面白いな。定型サイズから微妙にアレンジした独自規格に近いサイズだが、もしかしたら相当に考えられているのかもしれない。使っててしっくりと来る。

紙質以外は完璧に近いだろう。紙の質感の方は好み。(どちらかというとこの部分に惹かれる)

裏抜けに関してはセーラーの極黒がほぼ気兼ねなく使えるので、拘らなければ極黒を使えばいいという事にはなるか。


参考記事:万年筆とモレスキン

 

 

総評:
モレスキンの使用を前提とした構成はかなり選択肢が狭められるが、それでも使っていて楽しいノートとは言えるか。面白い。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。