カヴェコ スプラ万年筆・レビュー

カヴェコ・リリプットを単純に大型化し、追加パーツで胴軸を長くして一般的なサイズの万年筆にしたという印象のカヴェコ・スプラ

パーツを外すと同社のカヴェコ・スポーツに近いサイズのショート万年筆にもなるという変わった軸で、ニブはプラチナのUEF14k、インクは<ブルーブラック>を使っている。

 

 

アウトライン:
全体のシルエットは同社のリリプットをそのまま大きくしたという印象。
各パーツはサイズ感や質感からライフル弾の薬莢を想起させる。

使用感はシンプルな形状やパーツ構成、クリップが無いキャップ等リリプットをほぼ継承しているが、素材が真鍮ムクなのでかなり重い。

 

ディテール:
キャップはネジ式でクリップは無く、インナーキャップも無いというシンプルな構造。
キャップ内部に広いスペースが有るので大型ニブが移植可能。

 

首軸はカヴェコ・スポーツとほぼ同じ形状ながら互換性は無く、かなりの大型ニブが付いている。
その為少し工作すると同じ位のサイズの他社製ニブを移植出来る様になる。

具体的には、首軸のインナーパーツ内にペン芯を固定する為の凸部分とニブを固定する為の凹部分が有り、これがペン芯の上下を決めている。

なのでその凸部分を細い棒ヤスリ等で削るとペン芯を上下反転出来、他社製の大型ニブを固定出来る様になる。

 

胴軸は分割出来、パーツを外すとリリプットと同じ長さのショート万年筆に出来る。軸径がかなり太く、サイズ感は同社のカヴェコ・スポーツに近い。

 

尾栓にはキャップポスト用のネジが刻んであり、ショート軸にするとカヴェコ・スポーツ用のレザーケースも使える様になる。

コンバーターは付属しておらず純正コンバーターを使用しているが、ショートカートリッジにしないとショート万年筆には出来無い。

 

総評:
超極細線が引けるプラチナ・センチュリーのUEF14kニブが移植出来る軸を探して辿り着いたが、カヴェコはリリプットといいスペシャルといい他の会社が出さ無さそうなユニークなデザインの軸を出すなぁ、といった印象。面白い。

しかしミドリ・ブラス万年筆の様にエイジング感が余り無いのは残念かな。あの軸のエイジング感は美しかったが。

 


スペック:
Kaweco Supra/カヴェコ スプラ
-全長・12.9cm(キャップ有り)/12.4cm(キャップ無し)/16.4cm(ポスト時)
-最大重量・54g(キャップ含め)/44g(キャップ無し)
-最大軸径・1.25cm(キャップ有り)/1.25cm(キャップ無し)

Kaweco Supra/カヴェコ スプラ (ショート軸時)
-全長・9.9cm(キャップ有り)/9.4cm(キャップ無し)/13.3cm(ポスト時)
-最大重量・41g(キャップ含め)/30g(キャップ無し)
-最大軸径・1.25cm(キャップ有り)/1.15cm(キャップ無し)

Kaweco Liliput/カヴェコ リリプット (参考用)
-全長・9.7cm(キャップ有り)/9cm(キャップ無し)/12.8cm(ポスト時)
-最大重量・10g(キャップ含め)/7g(キャップ無し)
-最大軸径・1cm(キャップ有り)/0.95cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。