今使っている文具 vol.014

手書きの文章って絵画表現に近いのかもな、無意識的な流れをそのまま描写出来るみたいな。

逆に言えばフリック入力やキーボード入力で自動筆記みたいなのは難しいのかもしれない、出力プロセスが異なると言うか。

 

 

今使ってる文具達

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


現在の主軸。
使うたびにエイジング感が増し、シンプルなパーツ構成でメンテナンスもし易く、醤油と塩と研磨布で表面は見違えるほど綺麗になる、手入れのし甲斐のある一本。
お気に入り。
これでキャップがネジ式だったら完璧なのに。

木のケースはアスファルトとかに落とすと意外とすぐ凹む。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Lamy CP1万年筆:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク:セーラー・ナイト / ブルー


ストーリアのナイト/ブルーでハイライターに使っているCP1。
ダークブルーのモレスキンに極黒、ブルーブラック、ブルーのインクの組み合わせがカッコいい。(どことなくトロン風)


Lamy CP1万年筆・レビュー

 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: <ブルーブラック


対モレスキン用装備に換装されたクラシックコレクションのエボニー。
極黒やナイト/ブルー、極黒とナイト/ブルーを混ぜたブルーブラックは裏抜けしなかったけど青墨とカーボンブラックは裏抜けするようだ。(他の選択肢はモンブランのパーマネントインクか?)

パイロットの鉄ニブEFばかりで金ニブすら使えないのは詰まらんが、まぁ仕方ないか。

唯一最大の欠点だったキャップを外す際首軸も一緒に緩んでしまう問題は、首軸にカランダッシュの万年筆みたいに細いOリングを仕込むと解決した。これは素晴らしいので是非オススメ。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

モレスキン・ラージサイズ:


モレスキン、紙の質感はペラペラ薄いクリーム色で使っていて楽しくとても好みなんだけど、紙の質が致命的に悪いのが難点だなぁ、やはり。(使ってみた万年筆ユーザーの全てが思うところだろうけど)

トラベラーズノートの軽量リフィルがクリーム色になってモレスキンの中紙になったら名実ともにノート最強かもしれんな。

デザイン面は文句無し。


参考記事:万年筆とモレスキン

 

 

総評:
万年筆を道具として割り切れる様になってから、いろんなノートが使いたくなって来た。
金ニブが使えないのは残念だが、これから紙面に応じて書き方や「描き方」が変わって来るのかもしれない。

器の中身は器に応じて変わる、みたいな。面白い。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。