万年筆とモレスキン

モレスキンで万年筆を使う為の記事。

 

クリーム色の薄い紙は万年筆のブルーブラック色のインクがよく映えるが直ぐにインクが裏抜けするので、万年筆の方をノートに合わせたセッティングにする必要がある。

 

 

モレスキンで裏抜けするかどうかの判定は、インクの質も有るけれどインク量が大きく作用してる(と思う)。
極論するとインク量が多いとボールペンでも裏抜けするし、インク量が少ないと太ニブでも裏抜けし無い。
なのでインクフローを絞る必要がある

 

=フロー少な目の極細線の鉄ニブ+フロー少な目のペン芯+裏抜けし難いインク(顔料インクや古典インク)

 

今回はニブはパイロットのデスクペンやペン習字ペンで使われてるEFニブを、ペン芯は無印のアルミ万年筆とかミドリのブラス万年筆等で使われてる肉抜き穴の有る物を、インクは顔料インクのセーラーの極黒等を、それぞれ組み合わせて使ってみた。

 

実際に上記を組み合わせる際は、板金の厚い鉄ニブに合わせてペン芯を紙ヤスリで削る等の微調整が必要となる。

鉄ニブの方もパイロットのペン芯への固定用のエラを切り取り、根元のラウンドをラジオペンチとかで狭める等多少の工作が必要になる。

後はフローが悪過ぎたら紙に押し付けてスリットを開く等の微調整とかとか…

 

 

…と言ったところか。ほぼ対モレスキン用のカスタム仕様。金ニブも好きなインクも自由に使えないし、そもパイロットの鉄ニブが移植出来るのが前提と言う…

クリーム色の紙にブルーブラックインクと言うオーセンティックな組み合わせを実現するには随分手間がかかる。

しかし紙面が広く中々使い易いので使ってて気分が良い。


参考記事:万年筆のニブについて

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。