今使っている文具 vol.000

万年筆は線を引くという行為自体が楽しく、その楽しさは字を書く目的のためにわざわざ文章を書き綴ってしまうほど。
テキストを書くのは好きだけど字が下手すぎてアナログな文章を書くのが嫌いだった私にアナログなテキストの素晴らしさを教えてくれた万年筆。生きてる内にその良さを知ることが出来本当に良かったと思う。ちなみに私の字は壮絶なまでに酷いです。

万年筆を持ってみるといろんな軸が欲しくなったり、様々なインクを試してみたり、しっくりくるノートを探したりしたくなる。そのカスタマイズ性の多様さも万年筆の魅力だろう。

仕組み自体はボールペンなどに比べてシンプルなんだろうけど、そのシンプルさが極まった感じが使っていて楽しい。

万年筆の軸について
万年筆のメンテナンスについて

 

万年筆:
カヴェコ・スペシャルカランダッシュ・エクリドールXSをメインに使っている。どちらもパイロット・カスタムから金ニブを移植している。

カベコさんは角柱細軸でとにかくカッコイイのでローラーボールにしたりアイドロッパー化したり色々遊び尽くして勉強させてもらったラミー ・サファリと並ぶ思い出のペン。

ちなみにこれらの改造にはガンプラ改造位の工作手腕が必要で当然保証は受けられないだろうから自己責任でお願いします。

カヴェコ スペシャル万年筆・レビュー
カランダッシュ エクリドールXS・レビュー

 

ノート:
トラベラーズノートと軽量リフィルを使っている。
A5スリムの適度な大きさと開きの良い万年筆が使える良い紙質のリフィル、ハードカバー、栞にポケット、を求めたらこれに行き着いた。

軽量リフィルは紙にコシがなく勝手に閉じ難いので使い易い。透けるほどに薄いのに万年筆のインクが裏抜けしない良質な紙。

クラフトファイルに厚紙を入れて色紙とマスキングテープで覆った中表紙を入れてハードカバーノート風に使っている。

トラベラーズノート・レビュー
ノートを取ることについて

 

インク:
セーラーのストーリア等を混色して<ブルーブラック><セピア>を使っている。

色々と染料系や古典インクなど試してみたけれど、結局耐水性がないと実用と言えず、古典は使い難いので顔料系に落ち着いた。

染料系は小雨が降っている時にメモに使って滲みまくったのでもう使わないと思う。しかしエルバンのカーマインだけは惜しいかな、あの素晴らしい真紅の発色が。

万年筆のインクについて
万年筆インク・混色レシピ

 

私にはどれも過ぎたものだが一生使っていこうと思う。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。