ワイスタジオ ポータブル万年筆 クラシック・レビュー

シンプルな六角柱のソリッドなシルエットと天冠に空いたアタッチメント用の穴が特徴的なystudioのポータブル万年筆
パッケージがかなり凝ってて豪華、ちょっと感動する。

実用的な軸なので細ニブのパイロットEF14kと顔料インク<ディヴァインシャドウ>を使用。

天冠のアタッチメントと頑強な銅製ムクのソリッドな六角軸が潔い、「ポータブル」の名に相応しい実用軸。

 

 

アウトライン:
クリップが無く、代わりにアタッチメント用の穴が天冠に空いてるソリッドシンプルな六角柱は金属ムクで頑強且つ実用的。
軸径的には若干太めの細軸に分類されるか?

素材が胴なので質感の深みの増すエイジングも楽しめて良い感じ。(嗅ぐと同じ素材なので十円玉の匂いがする…)

素材表面は若干粗めな仕上げ。(購入した当初は何か油脂のようなコーティング?がされてたが湿ったティッシュで拭いたら取れた)

ワイスタジオ ポータブル万年筆 クラシック

 

 

ディテール:
キャップは嵌合式で付け外しの感触はかなりスムーズでポストは不可。
クリップは無く代わりに天冠に穴が空いててフック等を付けられる。(かなり便利)

首軸は緩やかな曲線を引き、ネジ部にはOリングが使われている。(液漏れ防止とネジの緩みの防止用?)

ニブユニットはオーソドックスなシュミット製でペン芯は肉抜き穴のあるタイプ。(コスト配分が面白い)
なので予備パーツの確保もし易く他社の金ニブとかにも簡単に付け替えれる。

胴軸はほぼ胴製ムクでネジ部分が真鍮製。重量感が有り雰囲気もある。

付属コンバーターは一般的なシュミット製。

 

 

総評:
天冠のアタッチメントで何処にでも引っ掛けられるのがとても便利。
思わず((この天冠アタッチメントを持ったネジ式キャップのシンプルなエクリドールXSとかカヴェコ・リリプットみたいなショート軸が有ったらなぁ…))と思う程。

妙に充実したアクセサリーや外装の外箱なども含めて思わず((見事だなぁ…))と思った。
しかもその上使える実用軸、私の好みでお気に入り。

 


スペック:
ystudio Portable FountainPen: Classic/ワイスタジオ ポータブル万年筆 クラシック
-全長・13.8cm(キャップ有り)/12cm(キャップ無し)
-最大重量・47g(キャップ含め)/30g(キャップ無し)
-最大軸径・1.15cm(キャップ有り)/1.15cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

 

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。