今使っている文具 vol.010

監視せよ、しかし統治するな
戦争を止めよ、しかし戦争をするな
保護せよ、しかし管理するな
そして何より「生き残れ!!」

コードウェイナー・スミス「ノーストリリア」より
お気に入りの言葉。

 

今使ってる文具達

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・F14kニブ
・インク: <ノクタジュール


メインウェポン。なんかしばらく前から首軸のコーティングが一部剥げてきた…


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・F14kニブ
・インク: <エターナライザー


軸を精査して減らしたら太ニブが無くてF14kにした。悪く無い。

機能を増やすには技術が要る。機能を減らすには哲学が要る

みたいな。

Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

Caran d’Ache バリアス万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


シャープな線の<レッドドラゴン>が美しいお気に入りの軸。


Caran d’Ache バリアス万年筆:エボニー・レビュー

 

 

 

Lamy CP1万年筆:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: <フランブール


色々組み合わせを試したけど、このパイロット・デスクペンの鉄ニブEFと染料インク<フランブール>で完成した感がある。

鉄ニブEFのかすれ問題は染料インクのフローの良さでカバーした。
書き心地は針の先みたいな極細鉄ニブなのでこんなもんかな?


Lamy CP1万年筆・レビュー

 

 

Caran d’ache エクリドールXS万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:<ブルーブラック


サブウェポン。
デフォルトのペン芯だとフローが悪すぎて長文書いてると途中で擦れて来たけど、モンテヴェルデ・ツールペン万年筆のスリットが2本入ったペン芯にしたら改善された。

良い。


Caran d’Ache エクリドールXS万年筆・レビュー

 

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:カランダッシュ・EF18kニブ
・インク:エルバン・グリヌアージュ


ハイライターのグリヌアージュ。
何気にカランダッシュ・バリアスの大き目なニブも移植出来る。


Kaweco リリプット万年筆・レビュー

 

 

Kaweco リリプット万年筆・ブラック:
・ニブ:ヴァルドマン・F14k
・インク:エルバン・カーマイン


真紅のカーマインのハイライター。
スケルトンのカヴェコ・スポーツ万年筆も試してみたけどやはりコンパクトなリリプットに戻った。


Kaweco リリプット万年筆 ブラック・レビュー

 

 

トラベラーズノート:


いつものノート。


トラベラーズノート・レビュー

 

 

A.G.Spalding & Bros. マルチケース:


コルドバ(革みたいな丈夫な紙)製の封筒をペンシースにしたもの。

これがペンシースの結論かなぁ。

 

 

HIGHTIDE ダイアリー用ブックスリーブ


ダイアリー用ブックスリーブ。筆記具とノート一式が纏められて便利。

モレスキンのノートカードというのが投げ売りされてたのでオプションで入れてある。
万年筆のインクの出が悪い時の調整用とかに使おうかなぁ?とかとか…(使い捨てのメモとか挟んで置いて)

 

 

ミドリ ブラス万年筆


ミドリの万年筆。同じブラスプロダクトながらボールペンや鉛筆の方は素材がかなり薄いが、こちらは厚め重めで重量感がある。
天冠部分は形状は同じでもパーツに互換性は無く、クリップは脱着可能。しかし外した部分は隙間が開く。(オリーブグリーンのボールペンの大き目のリングパーツが付いた天冠を移植しようとしたらダメだった…)

 

キャップは嵌合式で奧のインナーキャップによって固定され、尾栓ポスト時はキャップ内側の板バネ状パーツによって固定される。
が、ポスト時はしっかり固定されず使ってると何気に外れてくるという…
あとポストした場合重心がトップヘビーになるので若干使い難いかな。

ニブユニットは一般的なシュミット系で、ペン芯は無印のアルミ万年筆と同じ肉抜き穴があるタイプ。
パーツ取りにも良いだろう。

 

素材のブラスはエイジングによってかなり質感が良くなるが、全体としては若干中途半端というか、キャップの固定がネジ式だったらなぁ…とかとか…色々勿体無い軸。

しかしトップのリングパーツはとても使いやすかったな。
ショート軸なので取回しも良く、しばらくペンシースのゴムバンドのチャームに使ってた。

 

 

 CROSS センチュリー万年筆


はじめは軸が細い上にツルツル滑って(これは……使い難いなぁ……)と思ったが、しばらく使ってみると何気に使い方が分かって来た変わった軸、クロスのセンチュリー万年筆
軸径はLAMYのCP1よりも細く、どちらかというと特殊軸に入るだろうか?

 

細さはボールペン位でかなり細く胴軸の長さもほぼポスト前提。しかしキャップは軽いのでそれ程気にはならないかな。
ネジ切り部分の造形が何気にエレガントだが気密性は低そう。
軸に走るストライプがキャップと胴軸で揃わないので工作精度は甘めだろうか?

ニブは先端が下方に反れたタイプでペン芯は細目。
ペン芯を削ってパイロットの鉄ニブEFを移植してみたが…ペン芯のスリットはかなり太め深めなのでインクフローは良い方か?

 

クローム軸は表面がツルツルしててかなり滑りやすく、しかも細軸なのでかなり持ち難い。
キャップをポストして少し首軸から距離を持って握ると云う感じで、この軸特有の持ち方がある様だ。しかしどの道かなり滑りやすいのは確かだが…

本格的に使用するならマットブラックの軸の方が良いだろうな、多分。
使っててセーラーの激細万年筆のシャレーナを思い出した… (こっちはなんか面白いペンを万年筆に改造する時にパーツとして使おうかなぁ?と思ってるけど)

 

 

 KAWECO スポーツ万年筆・スケルトン


昔インクローラーユニットを手に入れるために入手したけど、その際首軸を破壊したのでしばらくお蔵入りしてたカヴェコ スポーツ・インクローラー別売りの首軸パーツで復活させたもの。

クリップは安い方のソリッドなデザインで、軸側のアクセントカラーの金と合わせてみた。

スケルトンだからインクが見える専用のショートコンバーターを使うと綺麗なインクが映える。
何気にエレガント。(工作精度が甘いのでなんかピストンが真っ直ぐに伸ばせないけど…)

カヴェコ・スポーツ用のレザーケースだとリリプットと一緒にどっちもクリップ付きで丁度2本とも入る。

 

 

総評:
昔使ってた黒表紙のトラベラーズノートがMDノート・ライトの新書サイズで復活したので今回のリフィルが無くなったらそっち使ってみようかな…

初期のトラベラーズノートは革表紙のサイズがリフィルギリギリなので一回り小さい新書サイズで意外といいサイズ感だな…まだ使ってないけど。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。