カヴェコ スペシャル万年筆 ブラス・レビュー

お気に入りの軸、カヴェコ・スペシャル万年筆のブラスバージョン
ニブはパイロット・カスタムの金ニブF14kに換装し、インクは暗黒緑色の<デモンヴェルデ>。

ブラスの鏡面仕上げが何気にかなり豪華な印象(なんかインゴットみたいな感じ)。

 

アウトライン:
ペンとしてはオーソドックスな形状ながら万年筆としては珍しい尖ったデザインで、価格帯にしてはかなり豪華でシャープな印象。

八角柱の輝くブラス軸は、細軸というには若干太め。
表面は鏡面仕上げなので、重さも相まって若干ツルツル滑り気味かな…(経年変化でどーにかなるかもしれないが)

ディテール:
キャップはネジ式でクリップ無しの潔いデザイン。キャップから胴軸にかけてのストレートなラインが美しい。
ネジ式なので気密性が高く、尾栓にもポスト用のネジがある。

 

ニブはパイロットのF14kニブに換装。やはり金ニブと鉄ニブには超えられない壁があるかな…
鉄ニブも線幅が丁度いいパイロットのFニブやラミー・サファリの軽く太めな軸に合った丸っこく硬いニブなど悪くは無いものも有るけど…

金ニブ交換に関してはブラック軸のレビュー鉄ニブを金ニブに代える為の記事を参考にしてください。

 

首軸にはOリングが仕込んであり、ネジの緩みや気密性の向上を目的としている模様。
同時にキャップと胴軸の「面」を揃える「遊び」部分ともなっている。
私は元々ブラックの軸を持っていたので首軸をブラックと交換した。

首軸交換の利点としては首軸 – 胴軸間の隙間から見える黒いOリングパーツが見え無くなる点と、金軸に黒アクセントというシックな色調となった事(なんかヴィンテージものとかに有りそうな印象となる)。

しかしブラスの首軸はブラック軸には使えないので、結果的にブラス軸の方しか使え無くなるが…

 

ちなみにクリップとコンバーターは別売り。
純正コンバーターは分解洗浄できるのでオススメ。

 

総評:
ブラックの軸とは全く別物と言える程印象がガラリと変わったカベコくん。

構成パーツがブラック軸同様ニブユニットとOリング以外全金属製なので頑強で信頼性はあるが、ブラックの方と違ってあんまガシガシ使う感じでは無いかな…今の所。
まあブラス製なのでエイジングによって印象もかなり変わるかもしれないが。

経年変化で色々変わって行くだろう事も含めて楽しみな軸。

 


スペック:
Kaweco Special FP: Brass/カヴェコ スペシャル FP:ブラス
-全長・13.6cm(キャップ有り)/12.6cm(キャップ無し)
-最大重量・35g(キャップ含め)/24g(キャップ無し)
-最大軸径・1.5cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

 

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。