万年筆のニブについて

鉄ニブの万年筆を金ニブにする為の記事。

 

基本的には首軸からニブとペン芯を丁寧に引っこ抜き、ペン芯にあるニブを固定する為の「コの字型の窪み」を#1000番台位の紙ヤスリで削って好みの他社製金ニブを移植するだけ。

金ニブはパイロット・カスタムのニブがオススメ。価格が安くてクオリティに問題が全くないから。

エラみたいな余計な部分はニッパーで挟んで跡を付けてラジオペンチで根気よくグリグリと捻じ曲げていけばむしり取る感じで外れるので、後は棒ヤスリで断面をならすだけ(流水で洗いながらがオススメ)。

 

基本的に首軸の内側に「首軸インナーパーツ」と呼んでる円筒形のプラパーツがあって、その中に「ペン芯」と「ニブ」が収まっていてこの3パーツの組み合わせを「ニブユニット」と私は呼んでいる。

この辺のパーツは各社ごとに基本的に同一のものを使用している(ハズ)なので、同社間である程度互換性がある。

 

 

改造のお試しにはカヴェコ系の軸がオススメ。
万年筆としては比較的安価に手に入り、首軸ユニット自体がバラ売りされてるので予備パーツとして使用できるから。

ラミー系は独自規格だけど、ペン芯自体がかなり太いので首軸パーツを削って拡張すれば他社製のニブユニットを丸ごと仕込め、サファリとかでも好みの細字金ニブが使える様になる。

ファーバーカステル系は一般的なユニット構成なので予備パーツの確保がし易く改造が比較的楽。

カランダッシュ系は細目でフローの渋いペン芯を使っていて、首軸の口径も狭くニブを固定する窪みも首軸側にあるのでちょっとだけ難度が高い。

等などetc…

鉄ニブも同様な方法で移植可能だが、板金が厚く硬いので加工に苦労する。

 

金ニブは鉄ニブとは「根本的に筆記体験が異なる」と表現出来る程書き心地が変わってくる(超えられない壁が有ると言うか)。

しかしこれら工作にはガンプラ改造レベルの経験が必要、かなぁ…
あとメーカー補償が受けられ無くなるだろうから、なるべく互換性のある安い軸のパーツを流用するなりして可逆性を確保しておくと良いだろう。

 

 

その他ローカルな事情に関しては各万年筆レビュー記事をご参照ください。
あとは要試行錯誤。

 

くれぐれも自己責任で。以上。

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。