カヴェコ リリプット万年筆 ブラック・レビュー

リリプット・シルバーの色違い、リリプット・ブラック

私のリリプットの構成はシルバー同様パイロットのEF14Kニブとインクは暗緑色、<ベルベットダークネス>を入れて使っている。

 

概要:
シルバーとの違いはグロスブラックの塗装がされているので表面がツルツルしているのと手触りが最初は冷たいくらい。ツルツルと言っても滑る程では無い。

素材は同様にアルミなのでシルバー同様カリカリと軽快に紙面に文字を刻むことができる。

その他基本的なことはリリプット・シルバーのレビューページの方に書いてます。

カヴェコ リリプット万年筆 ブラック

 

備考:
万年筆を使うときはある程度の線幅で筆圧をかけずにサラサラもしくはヌラヌラと紙面上を滑らせるように文字を書くのと、極細の線幅で少し筆圧をかけてカリカリ刻み込むように文字を書き込む使い方をしていて、このリリプットは後者のどちらかというとデスクペンに近い使い方が合っているように思われる。

重さを感じさせず、重心にクセもない指にすっぽりと収まる軸径の細軸と、国産の極細ニブの相性が良く、カリカリと書いているだけで楽しい。

 

このパイロット・デスクペンも同様にパイロットの極細金ニブだが、指の爪のような形状からかしなりが殆どなく今ひとつだったが、このリリプットに使っているパイロット・カスタム用の金ニブは一般的なニブの形をしており、しなりがあるのでこちらの筆圧をある程度吸収してくれて書き心地が良い。

ペン習字ペンの極細鉄ニブも試してみたが、こちらはまさに針の先で書くかの如く細い線が引けるが、鉄ニブなのでしなりがなくスリットも開かないのでフローが悪く書き心地も悪かった。

 

ペン芯を削る際は、なるべくインクの通り道である上面ではなく側面や下面を削るといい。

ペン芯の構造は基本的に、ニブと接する上面がインクの通り道で、その他のフィン状のパーツの連なりがその隙間に余剰インクを確保する性質を持っており、下面はペン先からインクをコンバーターなどで吸入するための大きな溝が彫ってある。

言い換えれば、デリケートな上面以外は多少いじっても構わないということになる、基本的には。

 

ここここでカヴェコ・スポーツ用の首軸が別売されており、ペン芯やニブ、首軸インナーパーツはほぼ共通なので予備パーツとして使える。

 

首軸構造は他のカヴェコ製品と同一なのでその気になればカヴェコ・スポーツのインクローラーユニットを移植しインクローラーボールペンにすることも可能。しかし線幅が太い。
形はジャンボジェットのジェットエンジンみたいでかっこいいのだが。

カヴェコのインクローラーユニットはコンバーターを使用できるようインク吸入口がペン先に仕込んであり凝った作りになっている。

 

リリプット用のクリップの販売も始まった。(写真のはボールペン用のものだが問題なく使えた)

カヴェコ リリプット万年筆 ブラック

 

総評:
実用万年筆という点ではこの顔料インクを使った頑強で軽量コンパクト、極細金ニブ装備のリリプットは一つの極みだろう。

カヴェコ リリプット万年筆・レビューもよろしく。

カヴェコ リリプット万年筆 ブラック

 


スペック:
Kaweco Liliput/カヴェコ リリプット

-全長・9.7cm(キャップ有り)/9cm(キャップ無し)/12.8cm(ポスト時)
-最大重量・10g(キャップ含め)/7g(キャップ無し)
-最大軸径・1cm(キャップ有り)/0.95cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。