カヴェコ リリプット万年筆・レビュー

私が初めて手に入れた万年筆、カヴェコ・リリプット<セピア>を入れて使っている。
ミニマリズムの塊のような一本。

 

アウトライン:
手のひらにすっぽり収まる軽量細軸コンパクトなショート万年筆。

最少構成単位で構成されたアルミ製のクリップのない円筒軸は持ち歩いての使用にほぼ特化されており潔い設計。

アルミの軸は金属製ながら温かみがあり手になじむ。

カヴェコ リリプット

 

仕様:
キャップはネジ式。ショートタイプなので使用する際はキャップを外す時とポストする時の二度ネジを回さなければならないのが煩わしいが、気密性と最小限の部品数は道具としての信頼性が高い。
劣化する部品がほとんどないので長持ちするだろう。

ショート万年筆なのでコンバーターが使えないのが残念。

尾栓にはキャップポスト用のネジが彫ってあるのでポストしても傷は付かない。

 

私はペン芯のニブを固定する出っ張りを紙ヤスリで削ってパイロット・カスタムのEF14kニブを移植できるように改造している。

金ニブ極細字はアルミ製の軽い軸と相まって針の先で紙に刻み込むようにカリカリ書き込むのが使っていて楽しい。

アルミの白銀にニブの金色がよく映える。

 

しかし軸とニブとインク、それに紙との組み合わせは本当に奥が深い。

カヴェコ リリプット

 

備考:
ちなみにカヴェコ・スポーツの首軸がこことかここで別売りしているので部品取りとかにもどうぞ。

オフィシャルで金ニブ交換サービスが始まったらしい。線幅は恐らく鉄ニブより一回り太くなると思われる。

リリプット用のクリップの販売も始まった。

カヴェコ リリプット万年筆 クリップ付き


カヴェコ リリプット万年筆 ブラック・レビュー
もよろしく。


スペック:
Kaweco Liliput/カヴェコ リリプット
-全長・9.7cm(キャップ有り)/9cm(キャップ無し)/12.8cm(ポスト時)
-最大重量・10g(キャップ含め)/7g(キャップ無し)
-最大軸径・1cm(キャップ有り)/0.95cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。