カランダッシュ バリアス万年筆 エボニー・レビュー

エクリドール譲りのソリッドな六角柱、カランダッシュ バリアス万年筆
黒檀を素材とした軸としては手持ちの中では2本目となる。

ニブはパイロットのF14kニブを移植し、インクはローズゴールドにちなんで赤系の<カーボンレッド>を使用。

豪華な印象で女性が持つと似合いそう。

 

アウトライン:
デザインは同社のレトロなデザインのエクリドールをモダンにアレンジした感じのソリッドな六角柱で、木軸ながらあまり「木」って感じじゃ無い。

 

細部も首軸 – 胴軸間のラインなどエクリドールよりデザイン的に煮詰められているが、首軸先端のプラスチック部分も角を丸めるなどして欲しかったところ…(エクリドール譲りながらこちらは首軸金属部分が丸められているので)。

軸径はエクリドールよりも少し太めのミドル級軸となっている。

 

色調は同じ黒檀を使ったファーバーカステル・クラシックコレクションのエボニーに比べると全体的に赤みがかっている印象。
金属部分のローズゴールドは酸化しないカッパーみたいな感じで、軸のエボニーも少し赤みがかってる。

カランダッシュ バリアス万年筆 エボニー

 

ディテール:
キャッップは金属ムクな感じで結構重い。ネジ式でクリップは金属ムクのバネ式。
クリップ付け根に隙間があるらしく気密性は低い。

天冠部分は六角形の鉛筆の断面みたいなロゴマークが凝ったつくりで施されている。

 

首軸は何気にエクリドールの物が使える。
構造はエクリドール同様Oリング状のゴムパーツが仕込んであり、首軸 – 胴軸間の気密性向上と液漏れ防止、ネジの緩みも防止している模様。

ペン芯はエクリドールやエルバンのスケルトン万年筆と同形状ながらタイトなつくり。

 

ニブは幅広なデザインでちゃんとローズゴールドで統一されている。
線幅はEF18kで国産のF〜M位。
しかし海外のニブは線が丸っこくて切れが無いので私はすぐ国産のニブに変えてしまう。

 

コンバーターは根元がネジ式で首軸に固定されるタイプ(初めて見た)。
首軸側のネジ部分が邪魔なので一般的なコンバーターが入らないが、専用以外だと細めのウォーターマンのコンバーターが使えた。

 

総評:
私が持つには少し女性的過ぎる印象かなぁ…と思ったが、使い易いエクリドールの系譜からかかなり使い易い実用的な軸。

デザインも流石に纏まっていて完成されている(エクリドールは全体的に大味な印象…最初に細軸のエクリドールXSの方を入手したからそう見えるだけかもしれないが)。

かなり完成度が高い、デザイン的にも実用面でも完成された軸。

カランダッシュ バリアス万年筆 エボニー

 


スペック:
Caran d’Ache Varius: Ebony/カランダッシュ バリアス: エボニー
-全長・13.6cm(キャップ有り)/12.6cm(キャップ無し)
-最大重量・42g(キャップ含め)/25g(キャップ無し)
-最大軸径・1.5cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。