カランダッシュ エクリドール万年筆・レビュー

シンプルな六角柱にエレガントな装飾が美しいカランダッシュ エクリドール万年筆

ニブはパイロットのF14kに代えて、インクは銀軸に合う青系のインク<エターナライザー>にした。

既に手持ちだったショートサイズ版のエクリドールXSに比べて軸径が太くなり、角の丸みが増したので全体的に使い易くなった。

太め重めの軸なので線幅の太いニブが使い易い。

 

アウトライン:
六角柱のシンプルなシルエットながら、XSに比べ軸径が太くパーツの角やエッジが丸められているので、同じような軸径の万年筆よりも太めに見える(丸っこい)。

素材は金属ムクに銀メッキで表面には細かな模様が入っている。
表面はツルツルしているけど、滑り易く持ち難いという印象は無いかな。

 

ディテール:
キャップは嵌合式で、クリップは金属の剛性で挟み込むオーソドックスなタイプ。
大き過ぎるものを挟むと元に戻らなくなるので注意。

クリップと反対側の面にはXS同様イニシャル程度なら彫り込める名入れスペースが有る。

 

首軸はXSと共通で互換性がある。
しかし胴軸は太くなっているので首軸 – 胴軸間の段差がXSに比べたら目立つ。

構造はXS同様Oリング状のゴムパーツが仕込んであり、首軸 – 胴軸間の気密性向上と液漏れ防止、ネジの緩みも防止している模様。

 

キャップ内側と胴軸内のネジ部分には樹脂製のパーツが使用してあり、XSよりも手の込んだ造りになっている。(磨耗が心配ではあるが…)

 

付属のコンバーターはシュミット系に社名を入れたものだが少し特殊な形状。
他社では細めのウォーターマンのコンバーターが使える。

 

総評:
エクリドールXSの胴軸が長くなったバージョンかと思ったら、首軸以外モデルチェンジされてたらしく、XSの様な細軸というよりはミドル級の軸となっていた。

正直XSみたいな細めでシャープな方が良かったけど、使い易さではこちらが上か、といった印象。

 


スペック:
Caran d’Ache Ecridor/カランダッシュ エクリドール

-全長・13.5cm(キャップ有り)/12.2cm(キャップ無し)
-最大重量・41g(キャップ含め)/27g(キャップ無し)
-最大軸径・1.4cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.1cm(キャップ無し)

Caran d’Ache Ecridor XS/カランダッシュ エクリドール XS (参考用)
-全長・10.8cm(キャップ有り)/9.3cm(キャップ無し)/14.1cm(ポスト時)
-最大重量・28g(キャップ含め)/17g(キャップ無し)
-最大軸径・1.35cm(キャップ有り・クリップ含め)/1cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。