エルバン スケルトン万年筆・レビュー

インクメーカーとして有名なエルバンのスケルトン万年筆
コンバーター付きで万年筆にしては超低価格なのでアイドロッパー化して使ってみる事にした。

ニブは使わなくなった海外軸の金ニブFを移植し(国産のF〜M位の線幅)、インクは同社のカーマインを入れてみた。

 

アウトライン:
オーソドックスなシルエットでかなりセンス良く纏められている素晴らしいデザイン。

低コストで、ともすれば安っぽくなりがちな透明プラスチックの軸ながらオモチャっぽさは全く感じない。

エルバン スケルトン万年筆

 

ディテール:
キャップは嵌合式で、クリップは金属の剛性で挟み込むオーソドックスなタイプ。

写真のキャップは付属のキャップではなく、同製品のバリエーションであるローラーボール用のキャップで互換性があり、ロゴのデザインが違う。

 

構造はラミー・サファリと同じようなミニマルなパーツ構成で、首軸は直接ペン芯とニブを嵌め込むタイプ。

シュミット系のニブとペン芯を使用してるらしく、ペン芯は手持ちの中ではカランダッシュのエクリドールXSモンテベルデのツールペン万年筆が同じ形状だった。(インクフローは渋め。部品取りにも使えるだろう)

 

素材は基本透明プラスチックで、胴軸は軟質プラスチックを使用しており手触りが良い。(経年劣化による強度の変化は不明)

私は尾栓の穴を瞬間接着剤で塞ぎ、アイドロッパー化(胴軸自体をインクタンクにする事)した。

やり方は穴を瞬間接着剤で塞ぎ、暫く置いて完全に乾燥したら1000番台の模型用の紙ヤスリで凸凹を整えるだけ。

 

製品バリエーションは複数あり、カートリッジ用のショートタイプブラス製でカラーバリエーションが有るタイプ、同型で首軸がインクローラー(万年筆インクが使えるボールペン)のタイプが有り、ある程度部品が共通の様だ。

エルバン スケルトン万年筆

 

インクローラータイプは首軸のプラスチック部分をニッパー等で壊して中のインクローラーペン芯を取り出せば、一般的な万年筆のペン芯と同サイズなので様々な万年筆をインクローラー化出来る。
が、サイズの擦り合わせの必要あり。(そもそもインクローラーにする意味があるかはともかく…)

インクローラーの線幅は万年筆におけるF〜M位。インクの色は漆黒の極黒ですら薄く出るので、色の濃いインクか淡くても味のあるインクが似合うだろう。

 

自社のカートリッジインクを気軽にお試し出来る廉価万年筆や廉価インクローラーの販売は上手な売り方だなぁ、と思った。

インクローラーのカートリッジを付け替える際は、ペン芯中のフェルトに染み込んだインクを暫く水に浸けて洗い流す必要があるだろうけど。

 

付属のコンバーターカヴェコのコンバーターと同一形状で、総プラスチック製。
カヴェコ・コンバーターとペリカン系コンバーターはハンドル部分の根元がネジ式で外れるため分解洗浄が出来る。

 

総評:
アイドロッパー化は首軸 – 胴軸間からの液漏れが心配だが、持ち歩き用の実用軸では無い為気にせず使っている。
しかしインクによっては色移りがするので注意。

超低価格でこれだけのクオリティの製品はかなり「買い」だろうと思う。
コストパフォーマンスの高いオススメの軸。

 


スペック:
J. Herbin Fountain Pen/エルバン スケルトン万年筆(ロング)
-全長・13.4cm(キャップ有り)/11.6cm(キャップ無し)
-最大重量・14g(キャップ含め)/9g(キャップ無し)
-最大軸径・1.5cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

J. Herbin Fountain Pen/エルバン スケルトン万年筆(ショート)
-全長・11.7cm(キャップ有り)/9.8cm(キャップ無し)/13.9cm(ポスト時)
-最大重量・12g(キャップ含め)/8g(キャップ無し)
-最大軸径・1.5cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。