カランダッシュ エクリドールXS万年筆・レビュー

使う前は華麗なイメージがあったが、実際使ってみるとハイマニューバな実用的ショート万年筆という印象のカランダッシュ・エクリドールXS

 

アウトライン:
細軸六角柱でXSはキャップと胴軸が同じ長さ。真鍮ムクに銀メッキなので重い。

使い始めは軸がツルツル滑って使いにくかったがパイロット・カスタムの金ニブを移植してから使いやすくなった。
鉄ニブと違い金ニブのしなりがある程度筆圧を吸収してくれるからだろうか?線幅はF。

改造の際、ペン芯はそのままでも行けるけど、念のため同じ形状のモンテベルデ・ツールペンのペン芯を移植し、若干紙ヤスリで削ってある。
ツールペンのニブがシュミット製なのでこれもそうなんだろう。

カランダッシュ エクリドールXS

 

仕様:
キャップは嵌合式。クリップは金属の剛性だけで挟み込むタイプなので取り扱いに注意が必要。あまり大きなものを挟むと元に戻らなくなってしまう。

クリップと反対側の面には1.3cm×0.5cm位の名入れスペースが有る。イニシャル程度なら彫り込めるだろう。

 

キャップはポストして使うと尾栓に傷が付いてくるがこれは仕方が無いかな。
ポストして使うと高重心になって私の好みからすると書き難いのだけれど、これも携帯性とのトレードオフといったところか。

 

構造:
首軸にはOリングが仕込んであり、首軸 – 胴軸間の気密性向上と液漏れ防止をしている模様。Oリングは首軸と胴軸間のネジの緩みも防止していると思われる。
胴軸が密閉されているのでその気になればアイドロッパー化もできる。
ショート万年筆なのでコンバーターが使えないのが残念。

 

インクは<セピア>を使っている。エレガントな一本。
バージョン違いのカランダッシュ・エクリドールの方のレビューはこちら。

エクリドールXS

 


スペック:
Caran d’Ache Ecridor XS/カランダッシュ エクリドール XS

-全長・10.8cm(キャップ有り)/9.3cm(キャップ無し)/14.1cm(ポスト時)
-最大重量・28g(キャップ含め)/17g(キャップ無し)
-最大軸径・1.35cm(キャップ有り・クリップ含め)/1cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。