ヤード・オ・レッド万年筆 レトロ・レビュー

雰囲気のある樹脂軸が欲しく選んでみたヤード・オ・レッド レトロ万年筆
ニブはパイロットのEF14kニブで、インクは黒い軸に似合う緑黒色の<ベルベットダークネス>

ほぼ樹脂のみの軸は想像以上に軽かった。

 

アウトライン:
全体的には同社のバイスロイとほぼ同じデザインながら、細軸のバイスロイと違いラミー・スカラに近いミドル級の軸径。
素材はほぼ樹脂製で金属パーツ部分は銀製となっている。

かなり軽めの樹脂軸にはギロシェ模様が入っていて雰囲気がある。

キャップと胴軸には段差があってバイスロイみたいなストレートなシルエットでは無い。

ヤード・オ・レッド レトロ万年筆

 

ディテール:
キャップは嵌合式で、開け閉めは固く素っ気無い感じ。

クリップは金属の剛性で挟み込むタイプ。大き過ぎるものを挟むと戻らなくなるので取り扱い注意。
根元部分にはシリアルナンバーが刻まれていて、造形はバイスロイと同じながら細部は若干変更されている。

キャップ金属部分にはMacのメニューバーみたいな感じで小さなアイコンが並んでいて、意味は銀の品質保証や製造年等を示しているらしい。

 

銀製の首軸部分はバイスロイと同パーツになっていて互換性がある。
同じパーツながら胴軸はこちらの方が太めなので首軸 – 胴軸間には段差がある。

ニブはパイロットの金ニブFに換装して、バイスロイのEFニブの首軸と丸ごと交換した。(バイスロイ系の首軸はペン芯が外せないのでニブが外し難く、固定にした方が良いと思ったので)
ニブ交換に関してはバイスロイ・レビューを参考にしてください。

 

付属のコンバーターはペリカン・コンバーターと同型で無刻印のもの。

 

総評:
個人的には気に入っているけど、値段が値段なだけにデザインや素材感を実際に確認してからの購入を勧めます。

軽い軸は個人的に使い難いんだけど、この軸を使い込んで見て軽い樹脂系の軸の利点も体感してみようかな、と思った。

ヤード・オ・レッド レトロ万年筆

 


スペック:
Yard-O-Led Retro/ヤード・オ・レッド レトロ

-全長・13.9cm(キャップ有り)/12.3cm(キャップ無し)
-最大重量・23g(キャップ含め)/15g(キャップ無し)
-最大軸径・1.45cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.1cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。