ファーバーカステル デザインシリーズ アンビション万年筆 ペアウッド・レビュー

カジュアルな普通な感じの木軸が欲しく気になっていたファーバーカステル・アンビション万年筆

ニブはパイロット・EF14kニブ。
インクは軸の素材に合わせて暖色系のディヴァインシャドウにした。

 

アウトライン:
ストレートでシャープなシルエットの中細軸で、短めな金属製のキャップと木製の胴軸は、金属キャップを付けた鉛筆を思わせるカジュアルなデザイン。

ファーバーカステル・アンビション万年筆

 

ディテール:
キャップは嵌合式で、短めなので少し外し難い。
キャップ内側は透明な樹脂製のインナーパーツが入ってるんだけど、キャップ入り口部分から見えるのが少し残念。

 

クリップは金属無垢のバネ式。
クリップ先端はエッジがかなり切り立っているので取扱い注意だろう。
内側は丸身を帯びており滑り止めの溝が彫ってある。

 

首軸は金属製でかなり短く、首軸インナーユニットはファーバーカステル低価格帯モデルで共通のものを使っているようで、同社のオンドロと互換性が有る。

ペン芯は一般的なシュミット系のもので、私はそれを少し紙ヤスリで削ってパイロットのEF14kニブを移植している。

 

木製の胴軸がペンの構成の大半を占めるので、木の素材感が好きな人には好印象なのでは無いだろうか?
胴軸は意外と軽く、私はラミー・abcを思い出した。(こちらも知育玩具のような印象の良い軸)

 

付属のコンバーターは一般的なシュミット系に社名を入れたもの。

 

総評:
高精度で使い易くカジュアルな印象の、手軽で出来の良い木軸。
このシリーズは価格も万年筆にしては低価格ながらかなり出来がいいので、黒いレジンのものなんかはラミー・サファリ辺りから入った人には良い入門用の軸とも思う。カスタムもし易いし。

問題点はクリップ先端が尖っているので他の文具と一緒にペンケースに入れる際は注意、くらいかなぁ。

ファーバーカステル・アンビション万年筆

 


スペック:
Fabercastell Design Series Ambition: Pearwood/ファーバーカステル デザインシリーズ アンビション: ペアウッド

-全長・13.9cm(キャップ有り)/12.2cm(キャップ無し)
-最大重量・33g(キャップ含め)/18g(キャップ無し)
-最大軸径・1.5cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.1cm(キャップ無し)

Lamy Safari/ラミー サファリ (参考用)
-全長・14cm(キャップ有り)/12.9cm(キャップ無し)
-最大重量・18g(キャップ含め)/10g(キャップ無し)
-最大軸径・1.7cm(キャップ有り・クリップ含め)/1.2cm(キャップ無し)

投稿者:

ノクタジュール

万年筆が好きな人。