マスターグレード ボール・制作

昔作ったマスターグレード ボール
ただ色を塗っただけだがかなり出来の良いキットだった。

 

塗装は外装は卵の殻みたいな質感が好きなホワイトサーフェーサー。
差し色に手元にたまたま有ったネイビーブルー。
メカニカル部分はガンメタル、金、銀を使用。

 

墨入れしてないけど外装パーツが分割されてるので見栄えは良かったな。
アーム部分をマスターグレード ターンXの上腕部に使用したのでもう無いけど…

東亜重工製重二輪・制作

昔作ったバイオメガ単行本のオマケでついてた重二輪のプラモ。
この頃はまだ色を塗っただけだが楽しかったな。

 

黒は成型色そのままで、メカニカル部分にガンメタル、金、銀、クリアレッドを使った。
パイプがなんか内臓みたいでかっこいい。

ビークルモデル スターデストロイヤー・制作

手のひらサイズのスター・デストロイヤーを作ってみた。
バンダイのビークルモデルというシリーズで、小サイズながら凄まじく出来が良い。

 

塗装は組み立てた後にベースホワイトを全体にさっと吹き、黒系のエナメル塗料でスミ入れをし、トップコート(つや消し)で仕上げた。

台座のネームプレートはプラモの箱の横にあるロゴを切り取って両面テープで貼りつけた。

 

エナメル塗料はプラ素材を脆くするので、私のはパーツの合いが悪く(しっかり調整してなかった)艦首部分が割れてしまった。

今ならエナメル以外の塗料を使うか、パーツ分割段階で結合ピンを切り取って、塗装とスミ入れを済ませてから瞬間接着剤で組み立てればよかったなぁ、と思う。

 

背景はマスターグレード ターンXとメタリックナノパズルのミレニアム・ファルコン

少ないパーツ数とシャープなエッジで、組み立て易く高精度な良いプラモデル。オススメ。
このクオリティで是非ともスーパー級のスター・デストロイヤーも出して欲しいところ。

Air Dominions

かなり昔につくった戦闘機をモチーフにした壁紙。
シェードでつくった3DCGモデルと実写背景をフォトショップで合成してエフェクトをかけたもの。
ロゴは中央でエンゲージするイメージで作った。

Berkut

 

ロシア機が好きでベルクトフランカーをモチーフに選んだ。
ベルクトはカッコよくフランカーは美しい。

Flanker

メビウスモデル スペースクリッパー オリオン号・制作

2001年宇宙の旅に登場するオリオン号をスペースシャトル風に改造してみた。
塗装は昔のNASAの実験機風にした。
オリオン号

キューブリックのオーダーは「美しく、長く」だったらしい。
オリオン号

マスターグレード ターンX・制作

マスターグレード・ターンXをつくってみた。

プロポーションを人体に近くした。
作業の際は正面から写真を撮って画像処理ソフトで腕や足を切り抜き「骨盤を狭めたらどうなるか?」「肩アーマーをもっと腕にかぶせたらどうなるか?」などの当たりをつけてから実際の作業を行うと楽だった。

ターンX

 

外装はなるだけ別パーツ化してみた。情報量が増えてらしく見える。
組み立ての際は木工ボンドが役に立つ。お湯に浸けると簡単に外れるし。
細かい部分はバンデットの腿裏のトゲトゲなディテールやCG映画版トランスフォーマーみたいに刺々しくしてみた。

ターンX

 

色を塗る時は装甲の裏側や断面をメカニカル部分と同じ暗色にしたら面が目立ってシャープに見えるようになった。

ターンX

 

実物のサイズ感はちょっとした建築物くらいだろうか?頭が車くらいの大きさの。

ターンX

 

ミード画稿の持つSFメカ的テイストの再現を試みた。

各部形状に関しては「2次元的表現を3次元化した際の面白み」みたいなのがある。

ターンX

 

ターンX・デザイン分析もよろしく。

 

スーパー・スター・デストロイヤーをつくってみた

スーパー・スター・デストロイヤーをグーグル スケッチアップという無料の3DCGアプリでつくってみた。
スーパー・スター・デストロイヤー

スーパースターデストロイヤーはスターウォーズのデザインの中で一番好きなもの。矢尻型のシンプルなデザインが美しい。
スーパー・スター・デストロイヤー

広い面を持つ外装部分とメカニカルな内部でメリハリをつけた。
スーパー・スター・デストロイヤー

メタリックナノパズルのミレニアム・ファルコンが良かったのでそんなイメージで。
スーパー・スター・デストロイヤー