幽霊の謎

もしも本当に幽霊がいるのなら、例えば私の右隣りにいたとして、どうやって地球の自転や公転といった物理法則に則って常に動いている私について来てるのだろう?物理法則に当てはまらない存在なのに。

普通なら地球に乗って高速かつ複雑に移動している私についてこれないはずだろうが、常に位置合わせでもしているのだろうか?(もし人間の肉体に魂が宿ってるとしても、同じ疑問が生じるな)

赤の書

ユングの赤の書はとても興味深い一冊で、ユング後年の書は赤の書においてファンタジー形式で記述されている内容の学術的翻訳とすら言える。
しかしこの本は他のユングの著書を読んでそこで用いられている言葉や概念の意味、世界観を理解した上で読まないとただの風変わりな文学、で終わってしまう、かなり厄介かつ難解な本だろう。

著述順にいうと黒の書 → 赤の書 → その他いつもの学術論文、となるが、この赤の書を読者が真の意味で理解するためには著述順と逆のルートを辿らねばならない、と。
例えば作中登場する黒い蛇はタイプ論で言うところのユングの劣等機能の擬人化で、その他エリヤやサロメなどもユングのタイプ上の機能の擬人化(=影やアニマなどの元型)、と認識出来るとこの辺り一文に合理的な意味や構造があるのが分かってくる。

登場人物の配置に元型やタイプを当てがった作品は種々様々あるだろうが、本家からして初出がこの構造を持っててしかもそれを著者自身が分析して行くという。(怪奇なプロセスだな)

ユングの有名なエピソードとしては、ユングの患者が語る太陽の下からチューブのようなものが生えてそれが左右に振れると風が起きる、という一見他に類を見ないファンタジーと同様のものを古代の神話の中に見出し、かなり大きな時間を隔てても同じようなエピソードを人間に語らせるある種の仕組み(=元型)があるという確信に至った、というものがあるが、ユング自身が自分の得た黒の書に綴られたファンタジーやヴィジョンに神話的な由来や類似を探し、構造化するというプロセスが彼の中にはあったのだろう。

ユングの書としてはかなり特殊なので、まずはタイプ論や元型論などを読んでからの方がいいのかもしれない。どちらかというとこの本は内容的にはファン限定、に近いだろう。

自分自身を望む、ということ


自分自身を望みなさい。それが道へと向かわせる。

心的な困窮や方向喪失から脱する為に外界を一通り探索すると、リビドーが内向化し自分自身を探索の対象にし —つまりは内省の様なプロセスが促され— 結果新たな自己発見、その後また新たな外的目標が生じ外界探索に向かう、と言うようなプロセスがある様だ

赤の書に出てきたこの言葉とその周辺のテキスト内容は、この人間の精神的発達を促すループへ至るキーワードなのかもしれない

 

C・G・ユング「赤の書」より一部抜粋・要約・補項

国家防衛隊構想

国家は国民を外敵から守り、内的な秩序を維持する事を主な機能としている。

だからその機能を持つ自衛隊と警察等を、国の内外の脅威から国民を防衛する防衛隊として統一すると、今よりも機能的になるのではなかろうか?

軍隊と警察を一括りにした組織。コンセプトは「国民をあらゆる脅威から防衛する」として。

 

具体的には自衛官の視点では常時シーズンオフの(シーズンオンは戦争なのでオフの方が当然良いが)自衛官は警官等の業務に携わり、警察官の視点では常時シーズンオンから現在で言う自衛隊員用の訓練期間を得る、と言う様な。

すると隊員は実際的な実務経験が積める、国民との交流が促進される、などが起きてより実戦的な存在となるだろう、と考えるが。

 


アプスー思想用語集

今使っている文具 vol.027

 

今使ってる文具達

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・F14kニブ
・インク: エルバン・公証人用インク


いつもの万年筆。
公証人インクを使っているが、インクの伸びが悪いのか太めのニブで使ってみると文字を書く際少し抵抗がある。
発色は鉛筆みたいなグレーだが、はっきりした発色のインクの間に挟むと緩急が生まれて良いのかもしれない。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: ダイアミン・レジストラーズインク


いつもの万年筆。
メンテナンスをしてて間違えてレジストラーズインクに極黒を少し混ぜてしまったが、今の所大丈夫な様だ。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

Venvstas カーボンT万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <レッドドラゴン


カヴェコ・リリプット用クリップが似合うので最近よく使う万年筆。
カーボンがどんな感じでエイジングされてくのか分からないが、今の所エッジの細かな欠けや表面に細かな傷が見受けられる位だろうか。
クリップは銅製らしく手の触れる部分以外は全体的にくすんでいく。


Venvstas カーボンT万年筆・レビュー

 

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


いつもの万年筆。
しばらく放って置いたら表面が黄色っぽくなりエッジがピンク気味になって来たので、もうしばらく放って置くと面白いかも知れない。

買った時に入っていた木の箱を最近は家での万年筆入れに使っている。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

カランダッシュ849
・リフィル:フィッシャー・F・ブルー


塗装を剥がしてアルミ軸にした849。
剥がした際塗装がかなり厚かったが、エクリドールとかは分厚いメッキにパターンを刻むらしいからそういった由来があるのかも知れない。


 

 

紳士なノート・ハードカバー A5:


ロイヒトトゥルムのA6を使い切ったので紳士なノートのA5サイズを使い始めた。
やはり広い紙面は使いやすく、紙質も良い方。(今使っている中では公証人インクが裏抜けしてしまうが)


 

 

総評:
ノートを使い切ったので新しくしたが、今まで使った中ではこの紳士なノートとロディアのランドスケープノートが使いやすいだろうか。後はトラベラーズノート位か。

今使っている文具 vol.026

 

最近ダーツが、とてもとても面白く思わず時間を忘れる程に楽しい。万年筆の次位のお気に入り、趣味の一つになった。(その間はかなり開いてはいるが)

 

後は新しいMacBookを使い始めたが、以前使っていたMacBook Airで改善して欲しい点がアップデートされてかなり便利なノートパソコンになっていた。特に電源周り、ケーブル関連で融通が効くのが嬉しい。
アダプターが断線して買い直すとかしなくて良いとか、コンセントだけで無くモバイルバッテリーでも充電出来るらしいとか。
ポートは一つしか無いが、これは使う側の発想自体を変えるべきなんだろうな。USBハブでゴチャゴチャ、みたいなのを。

 

今回この記事を書くに当たってOmmWriterというテキストエディタを使ってみたが、これも中々にセンスの良い、アーティスティックなエディタだな。面白い。

 

今使ってる文具達

 

Venvstas カーボンT万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:エルバン・公証人用インク


最近お気に入りの軸。理由はカヴェコ・リリプット用のクリップを付けたから。
本来は首軸に空いてる穴みたいなのを隠したかったから付けたが、存外良い雰囲気になってお気に入りとなった。(専用ケースには入ら無くなってしまったが)

インクはエルバンの公証人用インクというものを使っている。
色はウォームグレーと言うか、同社のインク、グリヌアージュの赤黒寄りバージョン。同じく微妙な色合いのセンスの良いインクといった印象。
液体の鉛筆の様にかなり薄いインクと色味なので実用的では無いが、耐水性が有り、線は結構太めに出る。
因みにこのインクはつけペンでの使用を推奨されている。(程に耐水性が高いのだろう。つまり取り扱い注意)


Venvstas カーボンT万年筆・レビュー

 

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: ダイアミン・レジストラーズインク


ダイアミンのレジストラーズインクを使っているが、このインクは太めの線幅でフローが良過ぎるとインクが乾いたら黒い煤の様なものが出てノートを汚してしまうので、ソコソコのフローの方がいい様だ。(濃い部分を指で擦ると黒い煤の様なものが付着する。極黒でもこんな事は無いが)
書いた直後はダークブルーだが、数日経つとほぼ黒に近い色になる。そして顔料系インクに匹敵する耐水性となって水で流してもビクともし無くなる。
黒の古典インクは多分今の所無い(少なくとも私は知らない)ので、そういう意味でも面白いインクではある。

因みにバイスロイは首軸からペン芯が外せないので(少なくとも私のバージョンでは)、取り扱いには注意が必要だろう。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク: セーラー・極黒


いつもの同じ組み合わせのお気に入りの軸。
エイジングに趣が有り美しく、更に使っていて楽しい。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <デモンヴェルデ


いつもの万年筆。

結果的に万年筆は実用的だったりエイジングが面白い軸が好きになったが、正統派の軸はこの軸が残った。(逆にいえばこの軸はエイジングが似合わない)


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

カランダッシュ849
・リフィル:フィッシャー・F・ブルー


長く使えるボールペンを探してたけど、この塗装を剥がしてアルミ素材剥き出しにした849で落ち着いた。

塗料は(私の物は)アロンアルファはがし隊、というものに漬けると剥がれた。
アルミ剥き出しの軸は塗装の保護が無いからかなり傷つき易くなってはいるが。


 

 

ロイヒトトゥルム・ノート A6:


古典インクを使うとソコソコの確率で裏抜けする、モレスキンよりはマシだがまぁ普通のノート、と言った所か。

やはり手触りのいい紙の方が好みかなぁ。


 

 

総評:
カーボンTがかなりお気に入りの軸になって他の軸達もかなり精査されてきた。インクも面白いものが増えて中々に楽しい。
後は様々なインクを許容出来る良い紙のノートが必要だが。

今使っている文具 vol.025

 

今使ってる文具達

 

Venvstas カーボンT万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:ダイアミン・レジストラーズインク


ダイアミンのレジストラーズインクを使ってみた。古典インクなので線が細めに出る。
この軸は元々ペン芯が細いからニブが絞られてか線が細めに出る。


Venvstas カーボンT万年筆・レビュー

 

 

Kaweco スペシャル万年筆・ブラス:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <デモンヴェルデ


久々に使うカヴェコスペシャルのブラス版。
首軸を黒にするとレトロ軸みたいな雰囲気になっていい。


Kaweco スペシャル万年筆 ブラス・レビュー

 

 

フィッシャー・スペースペン


ここの所夏の高温に晒されるからかインクがダマ状になって先端から出てきたり線が掠れたり、リフィルの調子が悪いようだ。

過酷な環境でも使えるはずだが、ちょっと問題あるかもな。


 

 

スリップオン・ファスナーペンケース ミニ:


上記三本が丁度入るいつものペンケース。スマートでお気に入り。


 

 

ロイヒトトゥルム・ノート A6:


ロディアのランドスケープノートを使い切ったので新しく使い始めたノート。
モレスキンとほぼ同じフォーマットだが各ページにページ数が振ってある、栞が二本ついてる、インデックスページがある、など細部が微妙に異なる。

紙質は前使ってたロディアのとそう変わらないが、書き心地がザラザラしてて(これは意図的なものかもしれないが)それほど滑らかでは無い。

今回いつもより小さめのA6サイズを使ってみたが、やはり広い紙面の方がいいので見開きで使うことにした。ノートはA5位が最低サイズか。


 

 

ロルバーン・メモ縦型 M:


いつものメモ。やはり使い易い。


 

 

総評:
ノートが新しくなったので軸もモダンなデザインのものに変えてみた、が。(色彩設計が派手だな。女性管理職のノートみたいだ)

今使っている文具 vol.024

 

今使ってる文具達

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: ローラー&クライナー・サリックス


最近メインで使ってる万年筆。
インクは古典インクのサリックスを使ってる。明るい青で少し薄めのブルーブラック。

発色は今使ってるロディアのノートではプラチナのブルーブラックとあまり変わらないかな。前者が少し暗め、後者は発色が明るく紫寄り、位か。後者の方が線が細く出る。

ダイアミンのレジストラーズインクを使ってた時は首軸とニブの間からインクが少し漏れてたが、インクの種類によってはこうなるらしい。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

フィッシャー・スペースペン


無重力でも使えるボールペンで、宇宙飛行士も使ってるらしく合理的なデザイン。キビキビ動いて良い道具、と言った感じか。ただ見た目は並みかな。
握りの部分が粗めのヤスリ位に切り立ったエッジになっている。

パーツ同士に遊びがあるので(理由は不明)リフィル先端にマスキングテープを巻いてカタカタ言わないようにして、外れ易い胴軸にはOリングを仕込んでネジが緩まないようにした。少し隙間は空いてるが…

前使ってたカランダッシュ849とは対照的な無骨な実用軸。


 

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EFニブ
・インク:<ノクタジュール


いつもの実用軸。
最近は使ってて面白いから古典インクを良く使ってるが、性能だけを求めるなら顔料インク一択で済むかもな。安定して高性能。鉄ニブでも使えるし。


Kaweco リリプット万年筆・レビュー

 

 

スリップオン・ファスナーペンケース ミニ:


上記三本のペンが丁度仕舞えるスマートなペンケース。


 

 

Fabercastell クラシックコレクション万年筆・エボニー:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <クラシックセピア


いつものデスクペン。
インクはクラシックセピアを使ってるが、このインクは配合率にもよるだろうが書いた直後はほぼグレーだが数日経つと割と劇的に茶系に変化する。

夏だからかコンバーターの部品の間から盛大にインク漏れが発生してた。ロングカートリッジを使うと大丈夫なようだ。


Fabercastell クラシックコレクション万年筆:エボニー・レビュー

 

 

ロディア・WebNoteBook Landscape A5:


いつものノート。


 

 

ブロック ロディア・No13.:


いつも使ってるロルバーンの縦型メモを使い切ったので、似たようなサイズのロディアのものを使ってみた。
ゴムバンドが無いのと方眼の紫色の線が濃くて字が見難いと感じだが、前者は輪ゴムを付けて解決し、後者は使ってる内に慣れて来た。

デザインは良く使い心地も悪く無くページ数も多目だが、やはりロルバーンの方がトータルでは性能は上かもな。悪くは無いが。


 

 

総評:
ダイアミンのレジストラーズインクと言うものを使ってみた。
インクとしては線が少し太めに出る普通のインクだが、かなり薄い線でも後日見るとほぼ黒に近い暗濃紺色に黒変していて古典インクとしてはかなり濃度が高いっぽい。万年筆以前の時代からの正統派ブルーブラックと言った性能と色味との印象。
現代ではどちらかと言うと特殊なインクに近いのかもな。少し取扱い注意と言ったところか。(インク洗浄時に一緒に洗った軸の表面が少しベタついてた)

今使っている文具 vol.023

 

今使ってる文具達

 

Yard・O・Led バイスロイ万年筆・ヴィクトリアン:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: セーラー・蒼墨


プラチナの古典BBが気に入ってたのでしばらく使っていたが、ystudioの軸でセピアを使う事になったのでそれに合わせて彩度低めで落ち着いた色の蒼墨にした。

銀は自然光の下だと宝石の様に輝くな。持ち歩くときはスリップオンのミニペンケースに一本だけ仕舞う事にした。


Yard・O・Led バイスロイ万年筆:ヴィクトリアン・レビュー

 

 

 

ystudio ポータブル万年筆・クラシック:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク: <クラシックセピア>


プラチナのクラシックインクのカーキブラックに同社の古典ブルーブラックを混ぜたセピアを使っている。
ニブは古典インクに合わせて金ニブに換えておいたが、やはり線は太く出るな…

持ち歩き普段使いにはやはりエイジングの似合う軸がいいなぁ、と思いメインは上記の二本に落ち着いた。


ystudio ポータブル万年筆:クラシック・レビュー

 

 

 

Kaweco リリプット万年筆:
・ニブ:パイロット・EF14kニブ
・インク:<ノクタジュール


持ち歩き常備用の軸。専用レザーケースが緩くなって落っことしそうなのでクリップで固定する事にした。


Kaweco リリプット万年筆・レビュー

 

 

ロディア WebNoteBook Landscape A5:


変則的なレイアウトのノートなので変則的に使えて面白いが、やはり持ち歩いて使うならスタンダードな縦長のノートの方が使い易いかもな。

蒼墨とセピアの組み合わせは思ったよりも良いが、カジュアルなロディアには少し渋めな組み合わせだな…


 

 

 

総評:
万年筆はやはりキズや経年劣化によるエイジングが似合う軸が使い易いが。
特に意識はして無かったが今回万年筆以外はレゴブロックみたいなポップな組み合わせになったな。面白かったので写真に残しておこう。

蒼墨は青墨よりは暗い、彩度を落とした水色みたいな色で、和紙に似合いそうな何処と無く和風のセンスを感じさせる面白いインクだった。

 

メモはロルバーンを使ってるが、丁度こっちもインクの組み合わせ同様青系と黄系の組み合わせだな。

カランダッシュ849はフィッシャーのボールペンリフィルで常備してるが、少し乱暴に扱ってしまい寝っ転がって使うと線が掠れる様になってしまった。
普通に使う分には大丈夫な様だが…中のガスが抜けてしまったんだろうか?次は丁寧に扱おう。

状況受容性について

状況受容性、つまり適者生存の様な結果論的勝者の視点で無くもっとミクロな、生存性と言うか困難や苦境を乗り越え克服する力、そう言った性質や性向、みたいなものがあるのかもな。ある種の哲学というか。

属性としてはパッシブなものとなるな。つまりは根性みたいなものかも知らんが、従来はマゾヒズムみたいな言葉で卑下されて来たものかもしれないな。

 


アプスー思想用語集